FC2ブログ

バカイズム

バカこそ真実だ。センスのあるバカを目指します。「面白きこともなき世を面白く」をモットーに突き進め!”バカの中にある真理”を見い出すために。さあ!今日もゆけ!馬と鹿の合わさった人間ども!

こんな男に誰がした

・猫舌

電車に乗っている小学生が
「俺の特技ってなんだろうなあ、うーん」
「やっぱ、猫舌かなあ。うーん・・・うーん・・・」
と真剣に友達に確認していた。なんという小学生だ。



・雰囲気が違う

お尻がかゆいのをずっと我慢して、いぶかしげに
していたら、友達がそれを見て

「どうしたの?渋い表情して。なんだかいつもと
雰囲気が違うね。いいと思うよ」

と言ってきた。ちょっぴり悲しくなった。



・卵かけご飯

「得意料理はなんですか?」と尋ねられたので
とりあえず「卵かけご飯です!」と自信満々に答えておいた。




・YESのおなら

何気ない質問をしたら、”ぷ~”とおならで返事をされた。
あのおならの発音から察するにNOではなかったはずだ、うん。




・ビビデバビデブー

「ビビデバビデブーという魔人がいるのを知っているかね?」
と、課長に聞かれた。課長が分からなくなった。




・ジハード

トイレから帰ってきた友達がこう言う。

「これはまずいぞ!痔・ハード(ジハード)だ!」

そんなものまでジハードにされたら中東の戦士達は一たまりもないだろう。




・オーロラエクスキューション

明日空いてる?とメールしたら、
「オーロラエクスキューション!!!!!!!!!!」と返事が返ってきた。


テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/05/19(金) 08:42:27|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

魔族になるためには

今まで皆には黙っていたんだがな。



僕は魔族だ。そーら、怖いんだぞ、僕は。




なんてたって魔族だからな。




貴様ら人間とはワケが違うのだよ。







だって魔族だもん。






チラリズ魔だもん。











ああ、パクリ魔でもあるぞ。








どうだ。参ったか。






チラリズ魔とパクリ魔という魔族のハーフなんだ。







恐ろしいだろう。恐ろしかろう恐ろしかろう。




ククク・・・ハッハッハ・・・!!!





オシッコちびっちゃうくらい怖いだろう。




そうかそうか。





何?仲間になりたい?確かにお前、仲間になりたそうに俺を見ていたな。




よーしよし。いいだろう。







魔族になるためには簡単だ。








女の子のチラリと見えるところをチラ見してみろ。
人のおもしろいイケてるネタをパクってみろ。








そうすればお前は立派な魔族になるだろう。






俺様と同じ紫色っぽい血がたぶんいつかは流れると思うぜ・・・






どうだ。怖いんだぞ、俺は。








だって、魔族だからな。








ふっふっふ・・・



テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/05/08(月) 23:24:10|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ジョーク!ジョーク!ジョーク!

<テロリストの見分け方>


「あなたはテロリストですか?」の問いに


「はい」と答えたらテロリスト
「Yes」と答えたら国際テロリスト




<美女と野獣>

女「男なんてみんな野獣よ!」
男「女は必ずしもみんな美女じゃないがな」



<この世はクランクアップ>


ある映画の撮影風景。

監督「じゃぁ、次のシーンはここから飛び降りてもらえるかな?」

俳優「えっ!?ここから?死んじゃいますよ!!」

監督「大丈夫。これがラストシーンだから。」






このブログを見た者は少しだけ”バカな気分”と書かれたプールで溺れられる。



<一生持つ拳銃>


「やい。ここで買った拳銃、一生もちますと言っていたのに、もう壊れた!どうしてくれる!あん?・・・お、おい!何をする!?う、撃つな!」

ドン!!!!!!!

店主「確かに一生もったでしょう?」




<父ちゃん>

息子:父ちゃん、酔っぱらうってどんなことなの?
父 :ここにグラスが2つあるだろう。これが4つに見えだしたら、酔っぱらったってことだ。
息子:父ちゃん、そこにグラスは1つしかないよ。




<処方箋あれば>

女が薬局に入っていった

女:ヒ素を頂戴。
薬剤師:何に使うのですか?
女:夫を殺したいの。
薬剤師:売れませんよ。

女はハンドバッグから一枚の写真を取り出し、薬剤師に見せた。
その写真には、女の旦那と、薬剤師の妻がベッドにいる姿が写っていた。

薬剤師:処方箋があるなら先に出してくださいよ。






足元に気を付けてくださいね。
このブログは滑りやすいですから。






<本当に?>

「最近、忙しくて腰を振る暇すらないよ」




<省エネ推理小説>

「あなたが犯人ですね」
「はい、そうです」

世界最速推理小説。






<いい知らせと悪い知らせ>

男A「いい知らせと悪い知らせがあります」
男B「いい知らせからお願い」
男A「パンパカパーン!あなたはプリケツ星の王位継承権を得られました!!!」
男B「セイ。悪い知らせは?」
男A「国宝であるあなたのプリケツが盗まれたことです」





<灯台もと暗し>

娘「パパ・・私、バージンなくしちゃった。」
父「きっと灯台もと暗しさ。ちゃんとベッドの下も探したかい?」






<神様はマイケルジャクソン>

小さな男の子が父親に神様について聞いた。

男の子「ねえ、お父さん。神様って男なの女なの?」
父親「神様は男でもあるし女でもあるんだよ。両方を含んでいるんだよ。」

しばらく経って、また男の子は父親に聞いた。

男の子「じゃぁ、神様は白人なの黒人なの?」
父親「神様は白人でもあるし黒人でもあるんだよ。」

数分後、男の子は父親にまた質問した。
男の子「お父さん、マイケルジャクソンが神様なの?」





<金と命>

強盗は金か命を要求する。

女は両方要求する。





<ニーチェと神の口喧嘩>

ニーチェ   「神は死んだ。」

 神     「ニーチェは死んだ。」




<死刑>

ここは刑務所。死刑執行待ちの男が1人。
男は電気イスに座っている。ワナワナと
小刻みに震えている様子。


数秒後。


・・・あっ!!!!!

停電だ。

すると、監守の1人がこう言った。

「えーと、すまないが停電なんでこの手動発電機でお願いできるかね?」



テーマ:ネタ - ジャンル:お笑い

  1. 2006/05/06(土) 02:13:16|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Hellow ストーリー

20060504082914



ハロー。ニッポン。
ハロー。俺。
ハロー。悲しみ。
ハロー。優しさ。
ハロー。太陽。



ハロー。ハロー。ゲンキ。ゲンキ。



ハロー。ハロー。ハラホレヒレハロー。



む。今から緊急の老廃物処理へ向かわなくてはならなくなった!





ビューン!




出でよ、アソコ!







ハロー、アソコ!













・・・俺の頭、もしもし?

テーマ:モブログなんでも - ジャンル:モブログ

  1. 2006/05/04(木) 08:30:26|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山下公園

僕は山下公園の近くで産まれた。


山下公園の「や」の字も覚えてないくらい
何も覚えてないのだけれど。


先日、某Kさんが男友達4人で山下公園に。
夜行ったので、カップルがイチャイチャネチャネチャ
していて、男4人で萎えたという笑い話。



そしてその翌日。親父からいやーな話を聞かされる。




ちょっと待て。







あーあそこはな。関東大震災で生き埋めになった人が
まだたくさん埋まってたりするはずだぞ。








ちょっと待て。






じゃあ何か?そんな生き埋めになった方々の上で









イチャイチャパラダイスがいつも行われてる?







その話を聞いて、ぞっとした。





成仏できない人々の怨念やら何やらうんちゃらかんちゃらが
渦巻いている地下。そして、その上では・・・









ぞっとした。








でも、よくよく考えてみると






そういうものなのかもしれない。
ちなみに僕の小学校は昔、墓地だったのを切り開いて
学校にしたとかいう話を思い出した。






やっぱり人が生きていく上でそれは仕方ないのだろう。








だから。













ほーら。













あなたの今いる場所とかも・・・










ククク・・・




テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ

  1. 2006/04/28(金) 08:41:16|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

背が伸びるにつれて

背が伸びるにつれて。








背が伸びるにつれて。下からも涙が出るようになった。




なぜ?なんで?なんでなんですか?




いつも書いている漢字。その漢字をじっと見続けていると


何かおかしい。何か変だ?俺、間違えて書いてる?



なぜ?なんで?なんでなんですか?






背が伸びるにつれて。








人間が汚れていくのは




なぜ?なんで?なんでですか?




背が伸びるにつれて。




バカになっていくのは




なぜ?なんで?なんでですか?





それはむしろ僕だけでしょうか。

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/03/31(金) 00:44:43|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日本が危ない!立ち上がれ!あなたの力が必要だ!立て!立ってくれ!

僕は怖い。恐ろしい。いつからこんなに日本という国は



恐ろしくなったんだ。



あー恐ろしい。日本が。日本に住んでいる人々が。



ネットをしている人々が。ネット検索をしている人々が。




あなたはそんな国に住み。笑い。遊んで。仕事して。日々暮らしている。


もうだめだ。この世は。この日本という多種多様な人々が入り混じる
奇天烈な国はもうだめだ。全てがアレのせいで終わるんだ。



僕だけが知っている。この国のダークな部分。暗黒面を。





知っているんだ。知りえたくない情報を。知っているんだ。
知らないでいいことを知っているんだ。知らぬが仏なんてありえなかった。



うっ・・・僕はもうだめだ・・・お願いです・・・僕からのお願いです・・・





そこのパソコンの前にいるあなた。そう、あなたです。あなたにお願いだ。





大きな声では言えないんですが。









この「バカイズム」のアクセス解析を調べてみると僕は知ってしまったんです。






















スカートめくり





というキーワード検索でこの「バカイズム」の扉を叩く人が







ものすごいおびただしい数で存在するということを。








うっ・・・!もう僕はだめだ。あなたが。あなたがこの秘密を・・・ぐっ!







きっと「スカートめくり」という悪の秘密組織が日本の転覆を





狙っているはずです。






スカートめくり。日本の表をめくり返し、日本の暗黒面を引き出そうとしているはずです。







ううっ・・・!もうだめだ・・・とっとと俺は死にたい・・・俺は・・・






あとは・・・あなたにお任せします・・・








決して日本が・・・「スカートめくり」という秘密結社に乗っ取られないように・・・






ああ!なんて恐ろしいんだ!この情報をそこにいるあなたが知ってしまったら・・・









今度はあなたが奴等に狙われる。



あなたを信じています・・・うっ!
















・・・もうこの三文にもならない芝居はいいっすね。





で。




なんで”スカートめくり”っていう言葉を
ネットで検索する輩が多いんですか?



よっぽどスカートめくりをしたい人がこの日本に存在するんしょうか?




ホントに日本の未来を疑ってしまう今日この頃いかがお過ごしですか?







テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ

  1. 2006/03/30(木) 16:03:44|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

明日しか見えない

・・・ねえ。



何を見てるの?







・・・







”明日”






・・・ねえ。






まずは今日を見てあげて。ね?


テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

  1. 2006/03/28(火) 01:21:50|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もろびとこぞりて

もろびとこぞりて



1つの仕切られた空間を用意しましょう。
そうですね。その空間は「電車の中」というのが
よろしいでしょうね。

次に生娘を若干1名用意しましょう。
一番いいのは女子高生ですね。はい。

最後に、痴漢を千匹ほど用意しましょう。


そうして、それらを貸切の「電車の中」へ投下するのです。


どうなるか凄く楽しみです。




モロ人こぞりて



テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/03/26(日) 10:55:30|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと脱皮してみませんかー?

あーもうちょっと下。いや、もっと左左。あーそこそこ。



そこ脱皮のポイントね。そこを引っ張ってあげて。うん。OKOK。





あーなた、いい仕事してるじゃなーい。



脱皮しろ!脱皮!脱皮だマンセー!



いつからかは分からない。

ですが、確実にその感覚は増すばかり。



変わりてぇ。



そう心底いつも思うんです。

最もワンパターンというのがあまり好ましくないというのもあるんですけどね。



ちょっとしたことでいいんですよ。
ちょっとしたいつもとは違う何かを




いつもに+してあげるだけでいいんです。




考えの質だとか。
新しい服を買うとか。
新しい人と出会うとか。




変わらないのは自然だけで十分なのかもしれません。




僕ら人間は変わっていかなくてはいけないのかもしれません。




今更言わなくてもいいとは思いますが、絶対に自分自身が変わらなくてはいけない時が来ます。




人間関係がギクシャクした時とか。
この人にはこういう対応しちゃだめだなって。
でも今の自分じゃあ対応できないなって。







そう思ったんなら変われよボケが。



いつまでも成長しないで学習もしないんだったら、この先つらいんでしょうね。




僕だけではないとは思いますけど。








やっぱり自分を成長させたいじゃない?





変化した自分を見ると、嬉しくなる。



やったー!ひゃっはー!やってやったぜー!
たぶん絶対に周りには変わったなんてすぐ分からないんだけど。



それが楽しい。楽しすぎる!脱皮って楽しいよ!お前もこっち側へ来いよ!




一緒に脱皮しようぜ!ほら!そこ!脱皮!脱皮!だっぴっぴ!




脱皮サークル作ろうぜ。





まあそういうこと。














・・・あっ!ヤヴァ!






眉毛切りすぎたorz







俺、変化失敗。ていうか乙。



あと、大きな声じゃいえないけどさ。
プロフのところの画像を変えたのは内緒。



テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/03/21(火) 13:51:01|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

sakusakuベイベー

木村カエラが好きです。最近。

どれくらい好きかというと、この殺風景な部屋に

木村カエラの特大ポスターを買って貼るべきかどうかを

日夜真剣に考えて悩んでいる毎日を送っております。



こんにちわ。ヴァッカです。

寒さも今日までらしいですよ。明日からは暖かくなるみたいです。
早く新陳代謝上げたいんで、とっとと春こいやごらぁ!てな感じです。



春が来るぜー春が来るぜー春はサロンパスだぜー



おっとおじさん脱線しちゃった。脱糞しちゃった。だっふんだしちゃった。


int03_p.jpg



木村カエラ!木村カエラ!木村カエラ!


木村カエラいいなーいいわーいいよー。



まあでも動いてない木村カエラに用はないっていうか。



木村カエラの動きとかしぐさとかが好きなんすよ。
あと、ありえないほど自然体なところ。そんなに自然体でええんかよ!
っていうくらいに。あんな髪型にしてしまう度胸、心意気ね。
ロックテイスト。いつも心にロックを。心、ロック美人。



やーやっぱり自然体って大事っすよね。僕なんか経験あるんですけど、
やっぱり無理しちゃうと駄目っすわ。駄目ね駄目駄目。どっかしらでやっぱりボロが出ちゃう。そんなわけで、今のこのスタイルになってるわけなんですけど、ナニカ?




おっとおじさん脱線しちゃった。脱糞しちゃった。だっふんだしちゃった。



もう一回いっとこか?




top_p.jpg




木村カエラ!木村カエラ!木村カエラ!



まあなぜ僕がキムカエ(木村カエラ略)を好きになったかってーと。



ご他聞に漏れず。世間の皆様と同じ。




B000E1ZBZY.01.LZZZZZZZ.jpg





sakusakuの影響なんすけども。


ちなみに→sakusakuのHP



TVKが僕の部屋のテレビ映るんDEATH。TVKは9チャンネルですね。
他に、2、5、11が映るんDEATH。でも糞兄貴の部屋とかリビングとかは映らないんすよねー。断っておきますがここは東京都DEATH。方角のせいっすかねー。



そして、キムカエともう1人のMC。



白井ヴィンセント!白井ヴィンセント!



この口裂け軽快トーキングマシーンのニクいかわいいヤツめ!



かわいいじゃねえか!くっそう!ちっきしょう!あんにゃろうめえ!



というわけで、白井ヴィンセントも好きです。コイツのグッズが欲しいです。

殺風景な僕にコイツのグッズを下さい!神様!仏様!俺様!


東急ハンズ似に売ってるらしいんすけど、買おうかしら買おうかしら。



どうしようどうしようどうしようカシラ。木村カエラ。



とりあえず。今日もsakusakuを見よう。夜の再放送だけど。


テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/03/14(火) 23:15:58|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バカの重力に魂を引かれた人間達よ!

バカには種類がある。
バカには種族がある。


世の中にはいろいろなバカがいる。



初級バカ→「晴れ時々バカ、ごく稀にまずいことを公言する」

中級バカ→「バカになりたいと悩んではいるものの、もう一歩踏み出せない」

上級バカ→「バカという二文字を見ただけで射精してしまう」

なかなかのバカ→「”ハミチンアッパーカット!”とあたかも必殺技のように普通のアッパーカットを繰り出す」

ファイナルバカ→「死ぬ時にはバカでいようと密かに企んでいる」

ソフトバカ→「コンタクトレンズがソフトなだけ」

チラリズムバカ→「主にチラリズムのことしか頭にない」

うまい棒バカ→「うまい棒を非常食として何年も取っておいてある。賞味期限があるとも知らずに」

フェミニストバカ→「フェミニストと格好つけてはいるものの、女の子のことしか考えていない」

ハードバカ→「コンタクトレンズがハードなだけ」

あったかいバカ→「バカなことを発言するが、周囲をポカポカにさせる性質を持っている。主に素ボケが十八番」

逆立ちバカ→「”逆立ちすると俺、カバになるんだよ~”と本気で発言する」

永遠バカ→「一念発起、太った自分から脱却するため、サイクリングロードを物凄くひた走ってカロリーを消費するものの、帰宅後に”頑張った自分にご褒美だ”と言い、馬車馬のように食べる」

萌えバカ→「三度の飯よりも萌えが好き。10分に一回”萌え~”と発声しないと体中にじんましんが出る」

ギャラクシーバカ→「星座のことに詳しい。セイント星矢を熱く語りすぎて、好きな女の子にドン引きされる」

ギリギリバカ→「普段は真面目だが、寝ている時歯ぎしりをギリギリさせる」

中途半端バカ→「中途半端にバカな話を振り、皆を困らせる」

ドップラー効果バカ→「救急車の遠ざかる音などを聴いていると、心が安らぐ。5秒後に”ちんぽこ大フィーバー”という技を開発し、ノーベル平和賞を受賞」

アニマルバカ→「動きが動物性。サラダには植物性オイルを使うことを心がけている」

ギザギザハートバカ→「いつも女の子に振られては、ギザギザな十円をコレクションしている」

ロイヤルバカ→「宮殿に住みながら、裸族」

原始バカ→「道具を使わずに原始時代の手法で火を起こそうと試みて、見事成功させるものの、実家が全焼」

香水バカ→「真夏の部活中にディオールの香水を体に振りかけ、自分の汗とケミストリーが起こり、その場の全員を死にかけさせる。後に皆からボッコボコ」

エレベーターバカ→「晴れの日も雨の日も夏の暑さにも負けず風邪にも負けず、”毎度~”な感じでエレベーターのドアに挟まる」

真性バカ→「バカというボキャブラリーが頭の中にないが、周囲がバカと認める逸材。自分では天才だと思っている。特に真性包茎の人がこれに該当する」

一般的バカ→「このブログをいつも読んで下さっているそこの貴方です」


テーマ:お笑いブログ!!! - ジャンル:お笑い

  1. 2006/03/11(土) 16:39:29|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

世界に1つだけのおっぱい

世界に1つだけのおっぱい



を探して彼は旅立った。旅立ったんだよ。クララ!



クララが立つ前に彼は旅立ったんだよ!おじいさん!おじいさんはクララを立たせちゃだめ!
勃起しちゃだめです!おじいさん!



最近月9の西遊記という糞つまらないドラマの中に出てくる
「天竺」という場所に世界に1つだけのおっぱいが存在するというではないか。



おっぱいを人は求めます。それは人がやはりヨゴレではなかった時代、赤ん坊の頃に母親のおっぱいに触れていたからです。どんな人も流石に母親のおっぱいに触れるでしょう。



そして、良く作者の僕も分からないのですが




おっぱいがこの世から消えてしまったらしい。




しかし。



最近月9の西遊記という糞つまらないドラマの中に出てくる
「天竺」という場所に世界に1つだけのおっぱいが存在するというではないか。




こうして。「彼」もしくは「その他大勢」が天竺へと旅立った。




世のため人のためではなく・・・ただ、ただ、自分自身のためだけに。


御身が大事。流石は人間!人間っていいね!

やっぱり牛乳!やっぱり人間!人間臭ぇ!




ここで問題なのは




西遊記が恐ろしく僕が見てつまらなかったということ。
逆に白夜行が恐ろしく面白く西遊記と比べると見えてしまうこと。



ちなみに、昔の西遊記は面白かったんすけどね。




今から設定を変えて下さい。フジテレビさん。



世界に1つだけのおっぱいを求めて天竺へと旅立つ三蔵法師一行。



それだったら見てみたい。




そう思ったそこのあなた!






そんなあなたに1メディス。



テーマ:西遊記 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/03/02(木) 19:21:48|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ガタンゴトンガタンゴトン・・・

ガタンゴトンガタンゴトン・・・



人に会いに行く時。


僕はいつもアイツとは今日はこんな話出来るかなー
って、待ち合わせの場所に向かっている時、凄く考える。


あの人にあんな話したらどんな反応するんかな?や、そういう反応はしないな、うん。やっぱり笑ってくれるんやろな。



とかって。



ガタンゴトンガタンゴトン・・・



景色見ながら考えてる。遠くを見ながら。




あ、やっぱりそういう風に話すのは止めよう。もう少しテンション高く持っていったほうがよさげやな、うん。



ガタンゴトンガタンゴトン・・・





ああ、あの人にはこういう風なこと聞こうかな。
あーでもなーあんまり嬉しそうに話してはこなさそうだよなー
まあ、でもあの人喋りたがり屋やし、別に問題ないかな。




ガタンゴトンガタンゴトン・・・



いつも会うまでにはいろいろ考えてると思う。こうやって。




ガタンゴトンガタンゴトン・・・



ちょっとあの人にはきついとは思うけど、どうやろな。
怒るかな?怒ったところを少し見たいな。



ガタンゴトンガタンゴトン・・・




目的地に着く。




そのまま待ち合わせ場所へ。




「おー」
「ひさしぶりー」



再会。嬉しい。笑顔。




きちんと話せる場所へ。



よーっし、喋るぞー!









・・・あれ?俺、来る時何を喋ろうと思ってたっけ?




ガタンゴトンガタンゴトン・・・





いつもそう。
いつも忘れる。



ガタンゴトンガタンゴトン・・・



いつもきちんと話せる場所まで行くと、喋ろうと思ってた内容を
しっかりと忘れている。





ねえ、聞いてくれよ。これは俺の勘なんだけどさ。






電車の目的地へ向かうあの音さ。きっと魔法の音だ。
あの音が聞こえる時はいいんだ。んで、目的地へ着いた途端に
魔法が解けるんよ。きっとそうだ。そうに違いないですぜボス。










ガタンゴトンガタンゴトン・・・



テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

  1. 2006/02/18(土) 14:06:07|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

太陽は運命を知らない

親に数学45点と国語80点。
どちらのほうを先にあなたなら見せますか?

僕なら数学45点を先に見せます。


マイナスのことを先に。
プラスのことを終わりに。




最初に苦しみを。
最後に楽しさを。




絶望の状況での希望はさぞや計り知れないほどの光の輝きでしょう。


良くおじさん達が言うでしょ?

「労働の後の一杯のビールは最高だな!」って。

これと似てますよね。



苦しんだ後の嬉しさというのは、限りなく”あまぁ~い”


やっぱりあなたも数学45点から親に見せるべきですよ。



奥の手は最後まで取っておきましょう。





この定理を是非使ってみて下さい。




社会でこういうロジックは使われてるんだと思います。



例えば、ライブドアなどの十八番のM&A。



買収する時に、希望価格を相手に見せ付ける時だってそうです。
相手にとって苦しい価格をわざと先に提示し、徐々にその苦しい
紐を解いていってあげる。




交渉の段階での助走が必要なのかなって思いますね。



グチャグチャと話してきましたが、この定理を濃縮したような
言葉が存在しますので、ご紹介します。







「終わり良ければ全て良し」






最悪の朝で目覚めが悪かったとしても。
最高の夜で寝つきが良ければいいんじゃないの?






スタートはファッキンでも




ゴールはファンタスティック





そうありたいものです。




たとえ今はバカでも将来はお利口さんな俺!お利口さんな俺!お利口さんな俺!






ごめん。そりゃないかな・・・←天の声






(´・ω・`)



>私信ちょごりへ
そういうわけで、このロジックを先日つい使ってしまいました。
ごめんなさい。でも、俺は使って良かったなって凄い思いましたよ。

また使うかもしれないので、気をつけて下さい。


テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

  1. 2006/02/16(木) 00:52:37|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

バカ with 無

バカ with 無 




バカは無とともにありけり。
バカは無とともにありなん。
バカは無とともにあり申す。



僕は悟ったんです。「バカは無とともにある」と。


本当のバカは無と一体を為して、これまたあらざらんや。





では、無とは何か?無を体得するには如何にすれば良いのか?




無の境地は瞑想にあると2分53秒くらいで悟りました。





瞑想をすればこそ、無の境地に辿り着くことが出来、
真のバカへの道を切り開くことが出来るんです。



きっと、あの雲の向こう側。天竺の向こう側には



真なるバカへの極意を得られる何かがあるはず







そういうことでーーーーーーーー!












荒涼なる瞑想開始・・・






・・・






・・・これだ。この感じ・・・







嗚呼、僕は無とともにある・・・





・・・さあ、握手をしよう。そこにいるね?



・・・明鏡止水の心。



全ての五感をフルスロットルで活用し、全てを感じ取る。







・・・





・・・










・・・











(´-ω-`)zzz・・・









「バカ with 夢」



テーマ:ネタ - ジャンル:お笑い

  1. 2006/02/13(月) 20:42:42|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プライドを道連れにちょっとそこまで歩こうか

じゃあ秤にかけてみるよ?


「1mg」


今のあんたのプライドの重さだよ。



1mgのプライド。数百gのフライドチキン。1リットルの涙。



軽いなー軽い軽い。



だけどさ。プライドってTPOによって、重さが変わるって知ってた?


知らないなら教えておこう。耳より情報ってヤツだね。



プライドってヤツは傍若無人で変幻自在なんよ。


その重さは時として、数mgから数kg、果ては㌧まで。



あー僕は一応プライド鑑定人の資格持ってるんですよ。
ええ、まあ夢の中での話ですが。


だから。もしも、人間関係のタイフーンの中で、あなたのプライドが
増長して、重くなっていくとさ。



動けなくなるんよ。プライドが重過ぎて。頭がきちんと働かないんよ。
しまいにゃああらゆる物事がにっちもさっちも動かせなくなるんよ。





プライドなんてそこらへんにあるゴミ箱にとっとと投げ捨てちまえ。




プライドが重くなってくるとさー
「プライドが高いねー」って言われるんだね。


暗黒価値観なんだよね、それ。うざいうざい。うざくて仕方ねえ。


しかも「いい意味での価値」ってわけは絶対ないし。




あー見てると分かるよーあなたのプライドが重くなっていくのがねー







あーららーらーらーらー





大変だねー重いだろうねー泣きたいだろうねー


悟空よりも修行してるよ、それ。結果的に。
だってプライドを背負いすぎて、地面に体めりこんじゃってるじゃん。






あーあーどうすんのーどうする気ー?





そこの地面見てみなよ。






「苦しい」ってあんたの心の色で文字が書いてあるよ。






・・・あーあの人もプライド重そうだなー苦しそうだー大丈夫かなー






あーありゃ駄目だなー




だってもう首まで地面にめりこんじゃってるもの。



テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

  1. 2006/02/10(金) 09:42:29|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コンプレックスは北北西へ向かう

コンプレックス。


そこにはありました、コンプレックスが。


コンプレックスがくっついて体から離れようとはしてくれないのです。



コンプレックス【complex】


(1)劣等感。
(2)
〔心〕
精神分析の用語。強い感情やこだわりをもつ内容で,ふだんは意識下に抑圧されているもの。心のしこり。観念複合(体)。エディプス-コンプレックス・劣等コンプレックスなど。


goo辞書より。



恐らくはコンプレックスのない人ってそこまではいないでしょう。
僕が思うに、コンプレックスを持っている人というのは



自分の理想のイメージというものを現状よりも高く求めてしまうのではないでしょうか。



それは多分「向上心」というモノと酷似していて、
人間は夢とか希望とか理想を追い求める生き物だから。



だからこそ、自分に対して嫌悪感を持ったり。
だからこそ、自分という存在が嫌になったり。
だからこそ、自分が人よりも悪く見えたり。



もちろん、僕にだってコンプレックスありますよ。
ないはずないでしょーあるのが当然でしょー


星の数以上にあると思います。いやマジで。デジマよ。デジマ。
出島っていう相撲取りが昔いましたけど。



でもね。僕はコンプレックス君が決して悪いヤツだとは思えないんですよ。


何故かというと



コンプレックスってヤツは自分という存在を戒めるための存在
自分の嫌な部分を赤く点滅して教えてくれる機能



なんじゃないかって思ったりもするんですよ。





あなたがコンプレックスを持っている部分。
その部分が嫌だったら好きになればいいわけでしょ?
好きになるためにはじゃあどうすればいいかっていうと





変化するしかないじゃないですか。




ダーウィンの進化論とリンクしてますよ。




「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である。」



少なくとも変化できうる部分、努力すればなんとかなる部分を変えようとすることが大事なんじゃないっすかね。



良くこういうことを言う人がいます。


「性格とかって簡単には変えられないよ。ていうか無理」




んなこたぁない。



僕は随分、昔と比べると変わったと自分で心底そう思います。






こんなクソッタレで馬と鹿な俺みたいな人間でも




できたんだから、あんたにできないはずはない。





簡単には出来ないかもしれないけれど。




あなたの頑張る姿をこの世界に見せつけてやりませんか?







おう、その意気だ。頑張れ頑張れちょー頑張れ!






あー僕は言っときますけど、自分が嫌いです。
割合で言うと、7:3くらいの割合で嫌いが多くを占めるかな。







でもさー










”自分のことが嫌いだと思える自分”は









けっこう好きかもしんない。









さーて、そろそろ時間だな。
ボンボヤージュの時間だ。




面舵いっぱーい!






おい!コンプレックス!




北北西へ進路を取れ!














※この記事を”自分が嫌い”な僕の知り合い全ての人に捧げます。




テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/02/08(水) 10:37:58|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

「あなたの噛んだアソコが痛い」

とある雑居ビルの中に先日入った。



壁を見ると、何か文字が書いてある。












あなたの噛んだアソコが痛い



今夜もあたしはハンカチを噛みちぎる









このフレーズ、結構深いなと思ってしまった。



しかし、1つ疑問が残る。







アソコってどこやねん





その日。



そのことが気になって少し眠れなくなった。


テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

  1. 2006/02/02(木) 21:26:17|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ザ・ボキャブラリー・シンドローム

神様、お願いだ。



ボキャブラリーが僕には必要だ。


ボキャブラリーを手にするものが世界を制す。



ボキャブラリーが僕を呼んでいる。

ボキャブラリーと僕は待ち合わせしてる。午後3時くらい。ちょうどおやつの時間。



ボキャブラリーが僕には必要だ。






嗚呼、僕にもっとボキャブラリーを授けてくれ。



神様、お願いだ。



贅沢なことは言わない。



夏目漱石の頭をくれ。
村上春樹のセンスをくれ。
鴻上尚史のユーモアをくれ。



とは言わない。




神様、お願いだ。



一生分とは言わないけれど、僕が生きてきた時間。22年分のお願いだ。




夏目漱石のボキャブラリーを僕に与えてくれ。
村上春樹のボキャブラリーを僕に与えてくれ。
鴻上尚史のボキャブラリーを僕に与えてくれ。




神様。あんたがこのブログを見ているとは思わないけれど、本当にお願いだ。




え?あんたのボキャブラリーなんていらないよ。だって、あんたは全知全能なる神様だろう。その全知全能なる神様のボキャブラリーを僕が授かったとして、果たして愚直な人間にあんたのボキャブラリーが理解されるかどうか疑問だからだ。



それじゃあ意味がないんだ。



でも、あんたのボキャブラリーにはちょっと興味がある。




もし良かったら。



気が向いたら俺の夢に出てきて、ちょっと耳うちしてくれるといいと思う。







ボキャブラリー。今度はあんただ。あんたに物申す。



もう神様なんて気まぐれ屋を営んでいるファッキン野郎には頼まない。




ボキャブラリーよ。トルネードのごとく渦を巻き、俺に降りかかれ。




そうして、僕はお前の本質を見事にバキュームしてやるよ。
お前の脂肪を減らしてやる。スリムにしてやる。これでお前もモデル体型さ。いいんじゃないいいんじゃない。

















長くなりましたが、このようにボキャブラリーについて考えすぎる病気を












ボキャブラリー・シンドロームと言います。


テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

  1. 2006/01/27(金) 00:51:16|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おごれるものもおごらぬものも久しからず

ようやく課題が一区切りついた感じのヴァッカです。どうも。ゼーゼー。ヒーヒーフー。


さて、世間ではホリエモンというドラエモンに似た体型のまがい物なる人が話題をぶっちぎりですね。


やっぱり悪いことをしたら、絶対にツケは自分にかえってくる。そういうことなんでしょうね。人生は。




おごれるものも久しからず



ただ、堀江のことを悪く言う前に日本の経済システムを悪く言うべきではないのかなと少し思います。堀江は穴を見つけて、その穴に自分の蜂蜜を隠しておいた。いや、臭いモノに蓋をしたのではなくて、甘いモノに蓋をしたと言える。


要するに隠しておいたんですね。いろいろなものを。


ただ、彼が隠しておけなかったものが1つだけある。



金に対するあくなき執着心



ではないのかなと感じました。




おごれるものも久しからず




ホリエモン、お疲れ様。






あ!伊藤くん!こないだ俺が飲み代おごったんで今度は伊藤くんがおごってくれるんだよね?




え。




・・・何?無理?この野郎・・・

















おごらぬものも久しからず





テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  1. 2006/01/19(木) 10:54:37|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

親父にも全力ビンタされたことないのに

昔。



同級生の女の子との帰り道。



その同級生の女の子の様子がちょっとつらそうだったので






生理?大丈夫?



と本気で心配してきいてみたら





バカ!と言われて




全力ビンタかまされました。






果たして全力で彼女のことを心配した僕が悪いのか
果たして全力ビンタをかましてきた彼女が悪いのか




久しぶりにこの「バカイズム」に相応しいトピックですね。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  1. 2006/01/17(火) 00:52:12|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

幸せの中にいたら幸せは分からない。

今、幸せですか?


幸せって実感、ありますか?




最近、僕はいろいろな人に「ねえ、あなたにとっての幸せって何?」と尋ねます。


答えはさまざまです。


・ご飯を食べてる時 ・寝てる時 ・自分が頑張ってるなーと思える時

・好きな人と一緒にいる時 ・友達とバカ騒ぎしてる時

・忙しい時 ・酔ってる時 ・歌ってる時 


エトセトラエトセトラ。渚にまつわるエトセトラ。


まあいろいろでした。でも、僕の幸せはちょっと違います。



僕が幸せと感じられる時は








「何かを失った時」



例えば。


風邪を引いて、五体不満足であった時。
右足を骨折して、右足が動かせなくなった時。


何かを失った時。普段いつもあるモノを失った時。


そんな瞬間瞬間で失う前がいかに幸せだったのかということを思い知らされます。失った時に幸せだったと実感するので、それを持っている時は幸せと実感できないんです。



つまり。





幸せに触れていたら幸せとは分からない。


きっと幸せってステルス仕様。



だからこそ。

普段自然にあること。
普段一緒にいられること。
普段当然に出来ること。



いつもの日常こそが一番幸せなんだと思います。





いまこそ僕は声高に宣言したいと思います。





「普通でいられるということが」






ハッピー・センセーション!


テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/01/12(木) 01:05:47|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ジョナサン・マジック

今日はちょっと仕事の件で、渋谷でAさんに会いに。

「どこへ行こうか?」
「んーどうしましょうかねえ」
「ドトールとかスタバとか、あっち行くとジョナとかあるけど」


「まあジョナにしましょうか」


大学でもジョナサン。地元でもジョナサン。ここでもジョナサン。



・・・変わらない。変わらぬことが心地良い?


まあジョナサンさん。今後とも仕方ねえからご贔屓にしてやるよ。



ああ、ジョナサンで思い出したんすけどね。


うちの地元のジョナサン。店員の対応良すぎて逆に怖ぇ。 中途半端なB級ホラー映画よりずっと怖ぇ。



続きを読む

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/26(月) 00:40:28|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンドロギャノース!

僕には知識という成分がかなり欠けています。知識とはやはり大事なモノです。生きていく中で大切なモノです。


なぜ大事なのかというと、知識があれば、物事の多くを広くカバーでき、かつ、物事を幅広く扱えるからです。




要はないよりもあったほうがいい。そこには、お刺身があって。醤油がありますが、わさびという薬味はない。そのまま食べても美味しいでしょうが、わさびという薬味があったらもっと美味しい体験が出来るかもしれない。そういうことですよ。


ただ、知識よりももっと大事な成分があります。





「想像力」です。




知識には限界があります。ましてや、この僕のファッキンな灰色の脳は容量が限られているので。やっぱり限界があります。






対して、想像力は世界を包み込みます。



どこぞのメガネをかけたロマンチストでただの音楽好きの平和主義者の
男も歌ってますよ。




「想像しよう」って。




だってね。知識さんを僕のこのファッキンで灰色の脳へ招き入れるには相当に僕の家を綺麗にして、掃除して、招待出来るくらいに、粗相のないように時間を物凄くかけないといけないんですよ。





おっと。そんなことを言っていたら、知識さんがこっちを凄い見ている。睨まれちゃいました。ああ、ゆっくりとこちらへ近づいてくる。





知識さんのその手には「勉強」という二文字が書いてあるハリセンが握られ、知識さんの着ているTシャツには「授業」という二文字が書いてあります。ああ、知識さんの両腕には良くみると、「課題」「レポート」という文字の刺青が入っていますね。ああ、近づいてくる。近づいてくる。




まずい。まずいです。非常にまずいです。恐ろしい形相をした知識さんが僕へ向かってきます。あああああ。



ど、どうやら僕がお伝えできるのはここまでのようです。





い、以上、現場のヴァッカでした!






ま、ま、待って下さい!知識さん!僕が何をしたって言うんですか・・!ひい!え、ちょっ・・・待っ・・・!























・・・ギャー!













アンドロギャノース!!!!


























・・・想像できましたか?




テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/22(木) 23:23:39|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ