FC2ブログ

バカイズム

バカこそ真実だ。センスのあるバカを目指します。「面白きこともなき世を面白く」をモットーに突き進め!”バカの中にある真理”を見い出すために。さあ!今日もゆけ!馬と鹿の合わさった人間ども!

「やっぱりジブリだよね」

「おい、ジブリ!お前はなんでジブリなんだ?!」
「だって世界のジブリだもん」


くっそう。駿め。やりやがる。


というわけで、今日は「耳をすませば」を久しぶりに見ました。

いやーやっぱりいいっすよ。ジブリの何がいいかってね。ホっとするんですよね。その世界観に触れていると。ジブリの作品を見る前と見た後じゃあ大違いなわけですよ。

気持ちが優しくなるっていうかなんていうかね。穏やかになるっていうのかな。

良く友達とかの話題で、ラピュタが好きだの。キキがいいだの。ムスカのあの名言は凄すぎるだの。ラピュタ「面白いよ」←ここ。ここですよ。

僕の感覚だと「面白い」じゃないんですよ。「いい」って感じなんですよ。


「面白かった」→「良かった」


本当に微妙なニュアンスの違いなんですけどね。や。いやいや、そこはこだわりますぜ!


実は僕、「耳をすませば」って結構ジブリの中でも好きなんですよ。なぜかっていうと、ジブリ作品の中では数少ない「日常」の作品だからです。だいたいの作品が「非日常」なわけですよ。ジブリの凄いところは、日常も非日常も描き方が鳥肌立つくらい上手く世界観を構築されているところですね。駿め。やっぱりやりやがる。

ちょっとしたことでええんですよ。そんなSTARWARSみたいに宇宙でドンパチとか壮大なんじゃなくてええんですよ。最近はそんな感覚に陥ってきてるんですよねえ。


やっぱりSTARWARSじゃあ映画館に吸い寄せられないな。うん。


「三丁目WARS」だったら行くと思う。うん。三丁目を仕切っているガキ大将がダースベイダーで「コー・・・ホー・・・コー・・・ホー・・・ゴホンゴホン」って鼻息荒いだけ。ていうか風邪気味なダースベイダー。ライトセイバーじゃなくて、ライトなそこらへんの木の棒。あと水鉄砲。ただの棒や水鉄砲と侮るなかれ!実際にそれで人が死にます。笑


あーあとマイナーなんですけど「海がきこえる」って一応ジブリ作品なんですけど、知ってますかね?え?知らない?OKOKセニョリータ。

原作も読んだんですけど、結構いいですよ。甘酸っぱい青春モノ。見ていない人は見ることをオススメしますよ。あーでも、やっぱり原作本のほうが格段に上だったからなあ。まあ、興味がある方どうぞ。


落ち込んだ時とか、精神的に「キテル」人はジブリ見るといいっすよ。僕もつらかった時期は2、3度助けられました。僕にとってのジブリは精神安定剤みたいなもんです。





とにもかくにも。






「やっぱりジブリだよね」

スポンサーサイト



テーマ:ジブリ - ジャンル:映画

  1. 2005/12/07(水) 01:24:59|
  2. バカイズム的映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最近面白かったモノ紹介 | ホーム | 喜怒哀楽しようや>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vakaizumu.blog40.fc2.com/tb.php/8-9d2fde7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)