バカイズム

バカこそ真実だ。センスのあるバカを目指します。「面白きこともなき世を面白く」をモットーに突き進め!”バカの中にある真理”を見い出すために。さあ!今日もゆけ!馬と鹿の合わさった人間ども!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕と巨人

巨人がやってきた。おっきなおっきな巨人が。
その巨人は僕の家を踏み潰そうとしている。


必死に止める。やめるんだショッカー。


巨人がこちらを向く。どっちが前で後ろなのか
良く分からない顔立ちをしている。


巨人は言う。


「こう見えても巨人の中ではハンサムなんだ」



僕には理解できなかった。



巨人にも不細工がいるのか?と尋ねると



「本当に手の施しようのない巨人もいる」と言った。



では、巨人に性別はあるのか?と尋ねてみると


「ある。体中のデコボコがの角部分がちょっと丸みを帯びている
 のがメスだ。ちなみに私はオスだ」




僕には理解できなかった。



「さあ、もうお喋りもいいだろう。仕事をさせてもらおう」
と言いながら、巨人はマイハウスを踏み潰そうとする。




待て!待ってくれ!待ってくれたら、このうまい棒たこやき味を
あなたにあげよう!



巨人はピクリともしなかった。




待て!待ってくれ!待ってくれたら、木村カエラのポスターを
あなたにあげよう!



巨人は若干ピクリとし
「・・・最近の木村カエラか?それとも昔のか?」



反応した。この巨人とは気が合いそうだ。



む、昔のだ・・・




巨人は再び目線をマイハウスのほうへ向け、ゆっくりと
その大きな足を下ろしていく。ちなみに足裏には
何故だか分からないが、”南無阿弥陀仏”と書いてある。



そ、その南無阿弥陀仏はなんだ?




「・・・我々がモノや人を踏み潰す時、踏み潰される者にとっては
我々の足の裏が最後の映像になるからな」





き、気を使っていらっしゃるので?



「いかにも。我々はみな、体が大きいからこそ
気配り上手であろうと心に決めている」




体は大きいが心配りをする巨人か・・・




ちなみに南無阿弥陀仏の他に


お前の母ちゃんでーべそ!
オーロラエクスキューション!
無駄無駄無駄無駄!カムサハムニダ!
さよなら、さよなら、さよなら。


などのレパートリーがあるらしい。





「さあ、仕事の時間だ」



ま、ま、待ってくれ!気配り上手ということは
思いやりがあるということだろう?優しいということだろう?
その優しい巨人がなぜ僕のかけがえのない家を壊そうと
するんだ!?



「私は巨人だ。職業、巨人。独身。血液型はO型。好きな言葉は”飛んで火にいる夏の虫”巨人の仕事は主に破壊活動」



・・・いろいろとツッコミたいが、まあいいや。
じゃあ巨人を脱サラしてみようじゃないか!
さすれば、新しい人生、いや巨生?が開けるかも!




「駄目だ。所詮、巨人は巨人なのだ。それ以下でもそれ以上
でもないのだよ」





ま、ま、ま、待て!・・・じゃあ、じゃあお前は
どれくらいその巨人業を営んでるんだよ?




「私か?ざっと3、4年というところだろうか」




じゃ、じゃあお前はこの世に生を受けてどれくらいだ!




「ふむ、生まれた時から巨人だったからな3、4年ということになるだろうな」




お、じゃああれだ!俺は人間やってきてこの肩、23年だ!
お前の7倍くらいはこの世で生きながらえているぞ!









お前、後輩!俺、先輩!大先輩!




どこの世界に先輩を敬わない輩がいる?
どこの世界に先輩の家を破壊する輩がいる?









しまいにゃあ、どつき倒すぞ!!






巨人は無言で立ち止まったままでどれくらい
時間が経っただろうか。その後、軽く会釈をして
どこから出してきたのか最近の木村カエラのポスター
を僕にくれた。



そして、ズゥン・・・ズゥン・・・と大きな足音を
たてながら(その踏み潰す瞬間「ギャー!」という
声が幾度となく聞こえた気がするがまあいいだろう)
どこへともなく去って行った・・・







僕はそれから巨人が大好きになった。



スポンサーサイト

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/26(水) 11:56:07|
  2. バカイズムな物語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<画像!画像だよ!暑さを吹き飛ばせ! | ホーム | チラリズム界の旅人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vakaizumu.blog40.fc2.com/tb.php/217-8de33c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。