FC2ブログ

バカイズム

バカこそ真実だ。センスのあるバカを目指します。「面白きこともなき世を面白く」をモットーに突き進め!”バカの中にある真理”を見い出すために。さあ!今日もゆけ!馬と鹿の合わさった人間ども!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

指名手配犯は乳首

僕の乳首がお尋ね者になったらしい。


そんな。



そんなバカな。
そんなバカな。



そんなカバな。



待て。落ち着け。餅をつけ。


言いがかりだ。そんなことがあろうはずもない。



僕は何も悪いことをしていない。
僕の乳首がなにをしたっていうんだ。
僕の乳首は今まで普通に乳首として人生を謳歌してきたはずだ。



コイツは僕のことをわかっているのかどうかは知らない。
だが、僕は僕のこの体の一部として22年という日々を
コイツ、乳首とともに生き抜いてきた。


「あーあー。君は包囲されている!もう逃げ場はない!大人しく
出てきて、その乳首を渡しなさい!」





そんなバカな。



この乳首は僕の。僕自身だ。それを渡せるはずないだろう。



「ふざけるな!!!これは僕の乳首だ!君らに乳首を渡す云われはない!!!」




すると、右の乳首が言う。
「ヴァッカさん、もういいよ」
左の乳首も。
「そうだよ。僕らが出て行けばいいんだよ」
「今までどうもありがとう。僕らを乳首らしく育ててくれて」
「僕ら、幸せだったよ・・・なあ・・・?」
「うん、僕らはヴァッカさんと一緒にいられて、楽しかった・・・」


「お、お前ら・・・」


「じゃあ僕らは行くよ・・・いままでどうもありがとう」
「元気でね。僕らのこと忘れないでね・・・」





「ま、待て!!待つんだあああ!!!!」





彼らが外へ出ると、パーン!パーン!と銃声が2つ鳴り響いた。





僕は駆け出した。





う、うおおおおおおお!!!!!





「お、お前ら・・・しっかり!しっかりしろ!おい!」




「・・・ねえ。僕らヴァッカさんの乳首として・・・ごふっ!・・・り、立派だったかな・・・?」


「ああ!立派だった!立派だったぞ!」


「そっか・・・あ、ありがと・・・ガクッ



2匹の乳首は絶命した。











乳首ーーーーー!!!!!!!!!!







こうして僕は乳首を(たぶん)なくしてしまいましたとさ。



あなたも乳首なし生活、始めてみませんか?

スポンサーサイト

テーマ:本日の小ネタ - ジャンル:ブログ

  1. 2006/05/20(土) 17:06:31|
  2. バカイズム的に遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<海猿 | ホーム | こんな男に誰がした>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vakaizumu.blog40.fc2.com/tb.php/168-27fe2b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。