FC2ブログ

バカイズム

バカこそ真実だ。センスのあるバカを目指します。「面白きこともなき世を面白く」をモットーに突き進め!”バカの中にある真理”を見い出すために。さあ!今日もゆけ!馬と鹿の合わさった人間ども!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕の愛した仮面ライダー

※この記事は前ブログのデータベースより抜粋したモノです。


<09/05/2005 17:03:33>




仮面ライダー。


それは改造人間。


拳にロマンを乗せ、悪を叩く。


変・・・身・・・!トォーー!と叫びながら仮面ライダーの姿へと変わる。

変身ポーズなどを僕はよくテレビの前でマネをしたものだ。

その度に母親に「大人気ない」と言われる始末。俺、子供じゃん!大人気ないって何さ!大人毛ってどこさ!と内面での声にならない叫び。


今の仮面ライダーを見て愕然とした。

な・・・何これ・・・


なんでこんなにアダルティなの!?しかも戦隊モノ?カードとか銃とか剣とか。アクセサリ多!


今やっている仮面ライダー響も少し見た。


・・・格好悪い。


僕が愛してやまなかった仮面ライダーの面影はどこに行ってしまったんだろう。


あの男臭いテーマソングから始まり、人々がピンチになり、仮面ライダー!と叫ぶ。仮面ライダーは必ずやってくる。そう信じる人々。


するとどうだろう。悪をくじくために仮面ライダーは颯爽と現れ、お決まりの変身シーン。その姿の格好いいこと格好いいこと。


ここで大事なのは仮面ライダーは悪によって作られたということだ。悪のために使われようとした仮面ライダーが悪を倒すために戦うようになる。いいじゃないっすか。いいじゃないっすか。震えちゃうね!


そこにはロマンがあった。毎回単純な展開が多いのだけれども、いやいやどうしてロマンがあった。


時代は変わりドラエモンの時代。21世紀。


イケメンライダーと呼ばれる俳優が仮面ライダーを演じて、子供達が見るモノとは思えないほどのアダルティーさ。アンニュイな雰囲気。


あの男臭い俳優が仮面ライダーへと姿を変え、拳にロマンを乗せ、悪を叩く。身1つでボロボロになりながらも悪と戦う。


あの仮面ライダーはどこへ行ってしまったんだろう。


僕が変わってしまったのか?時代が変わってしまったのか?

時代はもう・・・あの当時の仮面ライダーを必要としてはいないのか?



かすかな望みは、劇場版「仮面ライダーFIRST」だ。


僕と同じ考えで、「今の子供達に当時のライダーを見せてやりたい」そういう願いからこの映画は上映へとこぎつけたのではないだろうか。


頼むよ、石森プロ!石ノ森章太郎の描きたかった仮面ライダーは明らかに現在の仮面ライダーじゃないだろう!


もう一度、僕の愛してやまなかったあの仮面ライダーの姿を見せてくれ。・゚・(ノД`)・゚・。

でも、今の子供からして見たら、こんなオジンが映画館に行くのも結構な勇気がいるんですぜ・・・頑張っていくよ!くっそう!僕の覚悟を汲み取ってくれよ!石森プロ!



仮面ライダーFIRSTに期待する昔のままの僕がそこにはいた。



とりあえず今日は仮面ライダーV3の歌でも部屋で熱唱しようと思う。




※なお、この記事は現在の仮面ライダーっ子は見ちゃだめよ。



ここまでが全ブログの記事。



続きは仮面ライダーFIRSTを見た感想。



毒吐きますぜ。ぺっぺっぺ!



がっかりしました。



中途半端な期待が中途半端な気持ちを生んだ。




嗚呼・・・もう昔、僕の愛した仮面ライダーの一片すらもない。



いや、あるにはあるが、現代風にアレンジされていて・・・




確かにいろいろと「大人の事情」とかがあるんだろう。




キャスティングもちょっと笑えるキャスティングで、そこからもう
冷めた。ISSAとか何?あれは?そのまんまじゃん。



ISSAがショッカーの幹部とか明らかに無理。




ウエンツとかも出てたし。まあそれはいいとしてもちょっと
流れ的に無理やりだしさーもうさー


V3の宮内洋出てた。泣けたよ泣けた。



主役2人はまあいいんですけどね。



でもやっぱりチープでなんとも言えない。



昔の昭和ライダーもチープだったけど、熱かったし。
何よりロマンがあったし、男臭さもあった。




一番言いたいのは”リアリティを出しすぎた”ということ。


仮面ライダーじゃないでしょ、あれじゃあ。



「着脱式仮面ライダースーツを着たイケメンのちょっと強い野郎」



だって。マスクとか着脱式とかもうあぼーん。444444




あと、変身ポーズもないし。マスクかぶるだけで変身とかふざけんな。
なめてんのか!ごらぁ!ぷらぁ!


仮面ライダーと言ったら、なんと言っても変身シーンでしょ?
見せ場でしょ?見せ場があってこそのヒーローでしょ?






ファッキン!もーファッキンジャップ!




とにかく本当にひどかった。そりゃあビジュアルとか、いろいろと
良くなってて格好いいところもあるんだけどさー




あれが仮面ライダーだって肯定出来るの?





俺は絶対あんなの仮面ライダーとして





全否定しますけどね。





今の平成ライダーはああいう現代風にアレンジするのは
いいと思うんだ。あの路線で突き進んでいくならば
潔いし、仕方の無いことだと思う。僕みたいのは稀だろうし。



ただ、今回の劇場版は原点回帰がテーマなわけなんでしょ?






あんなのが原点回帰だったら石ノ森章太郎が泣くって。





僕も泣いた。部屋中が涙で浸水中。ドア開けたら洪水が発生する。





とりあえず腹いせに今度、昭和ライダーのDVDでも借りてみようと思う。





うわーん!うわーん!うわーん!

スポンサーサイト

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2006/05/01(月) 01:56:10|
  2. バカイズム的映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バナナとウォシュレット | ホーム | リアクションバトン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vakaizumu.blog40.fc2.com/tb.php/151-9cc5343a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。