FC2ブログ

バカイズム

バカこそ真実だ。センスのあるバカを目指します。「面白きこともなき世を面白く」をモットーに突き進め!”バカの中にある真理”を見い出すために。さあ!今日もゆけ!馬と鹿の合わさった人間ども!

来年もファッキンでありますように。

さっき実家に帰ってフグを食べまくってきました。フグをね。フグをね。グフフっとね。 久しぶりにフグ食べたんで自慢してしまいました。ぐへへへh

どうも。ヴァッカです。


あ、僕は俗世間に疎いので、知らなかったんですけど

今日は大晦日らしいっすね。


や。普通に大晦日っていう感じが今年はしないんですよね。


何ででしょうね。毎年、僕は大晦日だとか言っても特別なことしないですよ。普通ですよ。一般ピーポーですよ。




今年もいろいろありました。去年より密度が濃かったですね。いろいろ書くと臭くなるわ。面倒臭くなるわ。



なので。



僕は後ろを振り返りません。



後ろを振り返るくらいだったら、先に前を見据えておこうと思います。それから未来の見通しが出来たら、後ろを振り返ろうと思います。


「思い出」っていうのはある種、僕にとっては「奥の手」なんですよ。何か落ち込んだ時とかつらい時とか悩んでいる時に、僕は




後ろを振り返ろうとします。



そうやって自分を見つめなおそうとするんすよね。



ある意味「今苦しいこと」からの現実逃避ですけどね。ええやん。現実逃避したって法律にゃあ触れねえんだよ!悪いことしてるわけやないで!ファッキン!ファッキンジャップ!




【来年したいこと】

・テコンドーとかを始めたい→「俺のネリチャギを食らえ」と言ってみたいだけ

・いろんな場所へ行って、いろんなモノを見よう→遊びたいだけ

・もっと考えるセンスを磨こう→ますますバカになるだけ

・チラリズムサークルを設立→言ってみただけ



・・・他にもいろいろ本当にやりたいことはありますけど、ここでは書かないもんね!このブログには書かないもんね!ぺっぺっぺ!しょっぺえ人間だよ俺は!ぺっぺっぺ!しょっぺっぺ!


興味がある方はこっそりと聞いてやってみて下さい(´・ω・`)



ああ、最後に。


今年はじめて出会った方、いつもいつもお世話になっている方、いつもいつも迷惑ばかりかけてくれる方、いつもいつも僕に影響を与えてくれる方、いつもいつも僕に笑いを与えてくれる方、いつもいつも僕に不快感しかもたらさない方、いつもいつも僕を苦しめてくれる方、いつもいつも余計なことをしてくれる方、いつもいつもこのブログを見てくれている方



全てひっくるめてありがとう。




来年もファッキンに宜しくお願いします。
今年もファッキンにありがとうございました。



あなたのファッキンさに幸あれ!





ファッキンサンキュー。




スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  1. 2005/12/31(土) 22:27:13|
  2. バカイズム的感動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

オシッコするなら「一歩前へ」

ある男があるビルへとある時間入った。



ある男は尿意を激しく感じたので、



あるビルのトイレの中へ入った。



あるビルの中のそこのトイレにとある張り紙がされていました。




ある男はその張り紙を見て、心を打ち抜かれたらしい。
オシッコするそこにはこう書かれていたんです。





一歩前へ。












「一歩前へ。その積極性があなたの人生を変える」







その積極性がオシッコをはみ出さない。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  1. 2005/12/30(金) 08:16:04|
  2. バカイズム的感動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

怪獣とお姫様

あるところに”怪獣”と”お姫様”がいました。


怪獣はその名の通り怪獣でした。
お姫様はその名の通りお姫様でした。


怪獣はいつも通り町や村を壊していました。



しかし、そんな怪獣も人々の必死の抵抗により、深手を負ってしまいました。



怪獣が苦しんでいるのを見たお姫様は怪獣の手当てをしてあげました。



怪獣は思います。



「どうして、俺なんかのために手当てをしてくれるんだ」



お姫様は怪獣の手当てをした後、こう言いました。



「あんた”怪獣”でしょ。”怪獣”なら、らしくしなさいよ。もっと頑張りなさいよ。人々を恐れさせるのが”怪獣”でしょ。あんたの役目でしょ」


怪獣は驚きました。なぜなら怪獣に対して誰1人として今までこうしたことを言う人はいなかったからです。


続きを読む

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

  1. 2005/12/29(木) 01:58:32|
  2. バカイズム的に遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あなたの人生はいままで、”ツイていましたか?”

松下幸之助は、面接の時に必ずこの質問をしたそうです。




「あなたの人生はいままでツイていましたか?」


どんなに優秀な大学を卒業していても


「いいえ。ツイていませんでした」と答えた人は、採用しなかったとのこと。



逆に、「すごくツイてました」と答えた人は全員採用。



優秀<ツキ


と松下幸之助は考えていたそうだ。


では、「ツイています」と「ツイていない」と答えた人の違いとは何か?両者の差とは?



「ツイていました」と答えた人には


「自分の力だけじゃない」という周りの人に対する”感謝の気持ち”が必ずあるという。


つまり。


松下幸之助は”感謝の気持ち”のある人かどうかを




「あなたの人生はいままでツイていましたか?」




この質問1つで見ようとしていたらしいです。



心の奥底に感謝の気持ちがある人は、今たとえ優秀ではなくとも、今結果が見えなくとも、必ずいい人材に育つだろうと松下幸之助は考えていたんでしょう。



事実。



「ツイています」と答えた人の多くが課長になる頃、彼らの企画が続々とヒットを飛ばしたという。そして、松下黄金時代へ突入したというわけですね。ちゃんちゃん♪




これから面接でそんな質問をされたら、こう答えてやりましょう。




「私はツキだけで生きてきました。太陽なんて見たこともありません」




テーマ:私のおすすめ - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/29(木) 01:06:43|
  2. バカイズム的感動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

「さあ、僕のサドルをお食べ」

20051228010006



カラスやらハトが周りを飛び回っている。彼らは五月蝿い。ギャーギャーとまるで怒っているかのようだ。


ああ、お腹が空いているのか。


「さあ、僕のサドルをお食べ」


遠慮することはない。僕のサドルが無残にも引き千切られ、君らにムシャムシャと食べられて、貪り尽くされたとしても。決して君らを恨んだりはしないよ?


僕のこのサドルで君らのお腹が膨らんで少しでも役に立つのなら本望さ。



さあ。だから。



「僕のこのサドルをお食べなさい」






たとえ、ヴァッカとかいう頭の脳味噌が足りないクソッタレ人間がウンコした後、十分にケツを拭いていない状態でこの僕のサドルに騎乗していたとしてもいいならばね。






僕はサドル。でも、ただのサドルじゃあない。カラス君やハト君なんかのお腹を満たす役割を持っている特別なサドルさ。ご自慢のサドルさ。ご機嫌なサドルさ。







・・・む。また来たね。カラス君達が。






さあ、僕をお食べなさい。



テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/28(水) 01:00:06|
  2. バカイズム的に遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

アインシュタイン150の言葉

「アインシュタイン150の言葉」




・わたしは天才ではありません。ただ、人より長くひとつのこととつき合ってきただけです。



・わたしには特殊な才能はありません。ただ、熱狂的な好奇心があるだけです。



・人は海のようなものである。あるときは穏やかで友好的。あるときはしけて、悪意に満ちている。ここで知っておかなければならないのは、人間もほとんどが水で構成されているということです。



・人は、バッファローの大群の中に生まれる。人生を始める前に、その大群に踏みつけられなかったことを感謝しなくては。



・蝶はもぐらではない。でも、そのことを残念がる蝶はいないだろう。



・無限なものはふたつあります。宇宙と人間の愚かさ。前者については断言できませんが。



・常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。



・人間性について絶望してはいけません。なぜなら、わたしたちは人間なのですから。



・すべての人は目に見えない笛吹きの曲に合わせて踊っている。



・いいジョークは、何度も言わないほうがいい。



・人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変えるほうがやさしい。






以上の文章を「アインシュタイン150の言葉」から、特に好きなモノだけを抜粋しました。



興味があれば、あなたのその自らの手に取って、見てみるといいと思いますよ。


(僕の好きな俳優の1人。佐々木蔵之助さんもイチオシの本らしいですぜ)

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2005/12/27(火) 14:20:19|
  2. バカイズム的BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

11年前の僕は

「生きものと道具」

生きものは動く
だけど道具は動かない
生きものは生きている
動物も生きている
だけど生きものは必ず死ぬ
道具だっていつかは、こわれる
生きものや道具は必ずしんだりこわれる

きょうもぼくたちはいきている



1994.2.1.(水)  4年2組 ヴァッカ



母親が先日発掘した11年前の僕の文章。クラスの文集の中のモノから一言一句をそのまま抜粋しました。母親は物凄くこれを見て絶賛し、嬉々として嬉しがって現在の僕にこう言いました。




昔のあんたのほうが頭良くて、素直なんじゃないの?





おかん。




前者のことは僕は断固否定しとくよ。



ただし、後者のことについては特別否定する気はありません。


テーマ: - ジャンル:小説・文学

  1. 2005/12/26(月) 21:32:32|
  2. バカイズム的感動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

OH!片付け

20051226173306




お片づけ中です。助けて下さい。このままじゃ僕は年を越せません。助けて下さHsぢhvっこいdじょrhえあjふじこ


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2005/12/26(月) 17:33:06|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

~の似合うモノになりたい。

「チュッパチャップスの似合う大人になりたい」


友達が先日言ってました。ええっと。分かりません。どうやったらそれはなれんの?笑


チュッパチャップスを毎日欠かさず舐め続け、毎日肌身離さず持っていたとしても無理じゃない?


まださ。


「マルボロの似合う女になりたい」


のほうが分かる気がするよ。昔、高校の女の子が言ってた。まあ多分タバコの似合う大人の女性になりたいってもんなんだろうね。



ドラエモンが言いました。「四次元ポケットの似合う人になりたい」いや、君はそもそも人じゃないよ。


カレーパンマンが言いました。「カレーの似合うヒーローになりたい」いや、君はそもそも原材料がカレーやないか。



安西先生が言いました。「妥協という二文字を背負っていける監督になりたい」いや、安西先生。あの名言が名言でなくなります。



リラックマが言いました。「狂喜乱舞したい」いや、あんた。それやと、リラックマで売っていけなくなるで。



そこで僕は考える。



ヴァッカは言いました。



「パーフェクトという言葉の似合う男になりたい」










・・・












ねえ!何か言って!皆!!!






に、似合わねー

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/26(月) 01:34:24|
  2. バカイズム的に遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ジョナサン・マジック

今日はちょっと仕事の件で、渋谷でAさんに会いに。

「どこへ行こうか?」
「んーどうしましょうかねえ」
「ドトールとかスタバとか、あっち行くとジョナとかあるけど」


「まあジョナにしましょうか」


大学でもジョナサン。地元でもジョナサン。ここでもジョナサン。



・・・変わらない。変わらぬことが心地良い?


まあジョナサンさん。今後とも仕方ねえからご贔屓にしてやるよ。



ああ、ジョナサンで思い出したんすけどね。


うちの地元のジョナサン。店員の対応良すぎて逆に怖ぇ。 中途半端なB級ホラー映画よりずっと怖ぇ。



続きを読む

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/26(月) 00:40:28|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本人は皆、間違え合えばええんですよ。

「申し訳ない」

この言葉良く使いますよね。



では。

「申し訳ございません」とか。
「申し訳ありませんでした」とかは?


使いますか?



使う!という方!今すぐにそのパソコンの前で万歳をして下さい。金○日マンセー!と声高に叫びながら!


俺はそんな下手に出るような言葉使いしねえよ!という方!今すぐにそのパソコンの前でパソコンにヘッドバッドをかましてみて下さい!特に意味はありません。


「申し訳ありません」「申し訳ございません」などの言い方は厳密に言うと間違っているそうです。


正確には。



「申し訳ない」が1つの単語であるので、これを切り離したりするのは正確な日本語の解釈によると×なんだそうです。

つまり、「申し訳ございません」とか「申し訳ありません」とか使ってるのは間違い。


しかも、謝っているのに謝っていないことになるんですよね。だって間違ってるんすもん。間違った謝り方。謝る言葉をもうすでに誤ってる。


さまざまな著名人の方々、使ってますよね。ニュースキャスターとかでも使ってるんじゃないすか。偉そうな政治家どもとかもね。



しかし。




言葉って生きてると思うんすよね。いろんな人がいるし、時勢によってもその言葉が変化するのが当然だと思うんですよ。




つーわけで。



別に間違ってても相手に伝わればええやん。



間違い大いに結構!間違い合おう!日本人が皆間違った日本語使ってたらそれは間違ってない!所詮この世はマジョリティに至ったら勝ちさ!HAHAHAHA!



そんなこんなで。



皆さん、ドンドンジャンジャカパフパフ間違った日本語使いましょうや!







でも、僕は小市民なので正しい日本語使おうと思いますけど。

テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学

  1. 2005/12/25(日) 18:19:46|
  2. バカイズム的感動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

バカが山本山の海苔の缶詰で。

僕はバカだ。自分はバカだとつい25分前に悟ったので、これからバカなことをしようと思ったんです。


バカな人だったら何をするだろうか?
バカな人だったら何を感じるんだろうか?
バカな人だったら何を求めるだろうか?


バカだからって、そこらへんで銃を乱射していいってわけじゃない。
バカだからって、そこらへんで裸になって走り回るわけにはいかない。
バカだからって、そこらへんで痴漢をして回るわけにもいかない。


そこで、僕はちっさい男だ。ちっさい男のちっさい脳味噌をフル回転オーバーヒートさせた結果。


山本山の海苔の缶詰の上に乗ってみることにした。



・・・1つじゃ無理だ。2つにしてみよう。


・・・3つにしてみよう。・・・まだだめだ。




~3日経過~




山本山の海苔の缶詰を100個なんとか入手して、山本山の海苔の缶詰の中身の海苔をパリパリと食べながら、ちっさい僕、ちっさいバカな僕は感じた。








俺、海苔に乗ってる!!!!!!俺、ノリにノってる!!!!!!




すげえぞ!俺、山本山の海苔の缶詰の上に乗りながら、山本山の海苔の缶詰の中身の海苔をパリパリ食べながらここに存在してる!


よーし、バカは高い所が好きだと言う。もっと高く。もっと高みを目指そう。山本山の海苔の缶詰で天上界まで行ってみよう。



そこへバカな友達のバカがやってきた。
「・・・何やってんの?」


「見りゃわかるだろ」




ノリにノってんだよ。



「お前も乗ってみるか?今、ナウなヤングに大流行なんだぜ。この山本山の海苔の缶詰の上に乗ってノリノリになることがさ」



「そりゃあノリ乗り遅れちゃまずいね☆」




さらに山本山の海苔の缶詰を追加。もう個数は分からない。2人でその山本山の海苔の缶詰のマウンテンに乗るのは容易なことではなかった。しかし、両名ともなんとか乗り切る。



「な、なんとかなったな」「うむ。なかなかどうして」


「疲れたな。山本山の海苔の缶詰の上に乗ることがこんなにも重労働だとは」「確かに疲れたな」



~2人が忘れかけた頃~


「おい、お前に請求書が来てるぞ」「え?」
「・・・何この数百万って」「ああ、それか」



山本山の海苔の缶詰を集めた結果の金額だね。



「お前これどうすんだよ」




彼はニートなので、支払えません。誰か助けてあげて下さい。







ついでといっちゃあなんですが。






こんなバカなことを書いているバカな僕も助けてもらえるとありがたいかなって少しだけそう思ったりもします。



バカにつける薬があったら、クール宅急便で送って下さい。お待ちしております。


テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/25(日) 03:19:08|
  2. バカイズム的に遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スティッキーフィンガーズって大事ですよ。

お願いですからやめて下さい。
本当にお願いですからやめて下さい。


何をって?ええい、人の話はちゃんと最後まで聞くもんですよ。



お願いですから。後生ですから。懇願してるのがどうして分からないんですか。



溝の口の駅のトイレの中。



僕が「している」最中に。
あなたは「し終わった」後にこう言いましたよね。






いてッ!恐らくは男の大事な部分をスティっキーフィンガーズしようとした瞬間に、挟んでしまったんだと思われます。



何とかなりませんか。お願いですから。ねえ、頼むから。



僕が苦しんでいるのがどうして分からないんですか?あなたはちゃんと物事について考えているんですか?


いいですか?あなたがその、なんだ、スティッキーフィンガーズに失敗した際のその奇声とも取れる発言のせいで、僕はですね。



下から液体を出しているにも関わらず、上の方からも笑い声をあげないといけないんですよ。2つも同時にそんなしたくないですよ。僕、そんな器用じゃないですし。自分、不器用ですから。笑いを堪えることにいpっぱいいっぱいなんですよ。笑いを堪えることに集中してたら、出るモノも出ないじゃないですか。



しかも、そんな状態でオナラとかしちゃったらもー最悪じゃないっすか。勘弁して下さいよ。



トイレの中で愚かな三重奏のハーモニー奏でちゃうことになるじゃないすか。











あ、ニッポン男児の方々。くれぐれもスティッキーフィンガーズを失敗しないように


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2005/12/24(土) 03:12:27|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アンドロギャノース!

僕には知識という成分がかなり欠けています。知識とはやはり大事なモノです。生きていく中で大切なモノです。


なぜ大事なのかというと、知識があれば、物事の多くを広くカバーでき、かつ、物事を幅広く扱えるからです。




要はないよりもあったほうがいい。そこには、お刺身があって。醤油がありますが、わさびという薬味はない。そのまま食べても美味しいでしょうが、わさびという薬味があったらもっと美味しい体験が出来るかもしれない。そういうことですよ。


ただ、知識よりももっと大事な成分があります。





「想像力」です。




知識には限界があります。ましてや、この僕のファッキンな灰色の脳は容量が限られているので。やっぱり限界があります。






対して、想像力は世界を包み込みます。



どこぞのメガネをかけたロマンチストでただの音楽好きの平和主義者の
男も歌ってますよ。




「想像しよう」って。




だってね。知識さんを僕のこのファッキンで灰色の脳へ招き入れるには相当に僕の家を綺麗にして、掃除して、招待出来るくらいに、粗相のないように時間を物凄くかけないといけないんですよ。





おっと。そんなことを言っていたら、知識さんがこっちを凄い見ている。睨まれちゃいました。ああ、ゆっくりとこちらへ近づいてくる。





知識さんのその手には「勉強」という二文字が書いてあるハリセンが握られ、知識さんの着ているTシャツには「授業」という二文字が書いてあります。ああ、知識さんの両腕には良くみると、「課題」「レポート」という文字の刺青が入っていますね。ああ、近づいてくる。近づいてくる。




まずい。まずいです。非常にまずいです。恐ろしい形相をした知識さんが僕へ向かってきます。あああああ。



ど、どうやら僕がお伝えできるのはここまでのようです。





い、以上、現場のヴァッカでした!






ま、ま、待って下さい!知識さん!僕が何をしたって言うんですか・・!ひい!え、ちょっ・・・待っ・・・!























・・・ギャー!













アンドロギャノース!!!!


























・・・想像できましたか?




テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/22(木) 23:23:39|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さらばロックンロール

20051219214209
今までずっと買ってきたロッキンオン。

もう君らを背負ってはいけないよ。だって君らめっさ重いんだもん。

引っ越しには邪魔なのさ。


さようならロックンロール。僕のロックンロール。


思い出を「ゴミ」として処理しなくちゃいけない俺の身にもなってくれよ。












しっかし、良くこんだけ買い集めたなあ。自分。

テーマ:気になる本・雑誌 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2005/12/19(月) 21:42:09|
  2. バカイズム的に遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

もう少しマトモなクソガキになれました。

嫌だった。


人前でバカなことを発言するのも嫌だった。


ガキのくせしてガキっぽく振舞えみたいな世界が嫌だった。


僕がまだハナタレで頭の中がピーマンだった頃の話。


ウンコをするのも嫌だった。だって、何でこんな汚ない排泄物を俺が出さなくちゃいけないの?何で人間ってこんなに汚いもん吐き出しながら生きていられるの?って。良く皆平気な顔して呼吸できるなって。


頭を撫でてくる「大人」が嫌だった。俺がお前くらいのおっさんだったら、頭なんて撫でてこないだろ。俺が「子供」だからだろ。


自分が「子供」という存在であるのも嫌だった。



昼食の時間、テーブルクロスをしいて、僕の目の前には女の子。人前で食事を取るのが最高に嫌だった。それも、女の子の前でならなおさら嫌だった。恥ずかしい。死んでしまいたかった。恥ずかしさで死ねればいいのにと本当に思った。


たぶん、ご飯を食べるというのが「生理現象」であるからだろう。


生理現象。


小便をするのもそうだし、ウンコをするのもそうだし、おならをするのもそうだ。きたねえんだよ。とにかくきたねえんだよ。人間ってとにかくきたねえんだ。


飯を食べるのもそれらと同じ「生理現象」じゃん。ジャンは焼肉のタレじゃん。


ウンコするの見られたくねえじゃん。誰が好き好んで他人に見せたいと思うんだよ。ああ、変態な性癖の持ち主ならあるか。スカトロ好きとかね。そうだね。うん。


だから。


一緒に昼食を食べる時間が何より苦痛だった。何度かちょっと好きな女の子が昼食の時間に目の前にいた時とかは本当に死にたかった。恥ずかしくて恥ずかしくて、仕方が無かった。 僕はたぶん、これはある種の拷問なんだろうなってそう思う外なかった。生き地獄だって。正に。



そう、僕は思った。良く世間で言われる「いじめ」そんなみみっちい「いじめ」とは種類の違う「いじめ」だった。


「この世界からのいじめ」を僕は受けていた。そう思ってた。ずっとずっと。


ある日。ふと考えた。



僕は自分で自分を「いじめてる」んじゃねえのか?


ああ、僕はこの僕自身の心で僕をいじめていたって思った。



そうしたら、胸に何かつかえていたモノが取れた感じがした。



改めまして、「本当の」世界さん。はじめまして。









嫌なクソガキだったなあ。






でも。













今の僕はもう少しマトモなクソガキになれたと思う。



テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/19(月) 21:27:23|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

あの俳優のトイレを妨げた男。

先日の話。


久しぶりにマクドへ(いつもはマックと言うが、敢えてここはマクドと言ってみる)飯を食べにGO。


店内は結構人でごった返していた。



レジへ。僕はマックではテリヤキマックバーガーセットをいつも頼む。例え大地震が来ようが、宇宙から地球外知的生命体が現れようが、目の前で人が「あじゃぱー!」と叫びながら虐殺されていようとも、テリヤキマックバーガーセットを注文するだろう。


早速、テリヤキマックバーガーセットを頼んで待つ僕。

席へ。


ファッキンな大学生バカップル、ドグサレファミリーなどの話がたまにうっとおしく感じた。


Y本君とF田君、俺。僕ら3名はぺちゃくちゃとあーだこーだという話を展開する。アイツはああでこうだ。これからなんだこうだ。チョメチョメがピーでピーがチョメチョメだ。


そろそろ出ようかといった雰囲気になった時に「トイレ行ってくるわ」と僕はトイレへ。 僕の弱点=トイレが近いこと。僕を殺したければ、武器はいらない。トイレを遠ざけるだけで十分ですぜ


そのまま放っとけば尿死しますから。



トイレへ入ると某みっきーから「マックチキンを1つ買ってきて~☆」と電話が入る。ファッキン!ファッキンジャップ!



・・・ガチャガチャガチャガチャ。



続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2005/12/19(月) 07:09:03|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

とっとと人間臭くなればええのに。

頭がいたい。眠い。仕方ない仕方ない。


ここ2日。金土と連続で飲んでしまいました。金曜日はいつものいつも見る面子と。




「軽く」って言ってたのに。


結局、朝まで居酒屋にたむろしていましたよ。んで寝ないで、朝9時からの仕事へ。ゼーゼーハーハー。ヒーヒーフー。


呼吸だけ整えた。体調は整ってない。


その後、土曜日の夕方、前々から予定してた飲み。


某ユッキーと某部長さん。なかなか盛り上がっちゃったね。いやいやどうして。なかなかどうして。参りました。



いろいろと話も聞けたし、よかばいよかばい。まあまだ話したり無い気はするけども。


ブリザガとかマヒャドとかの氷系魔法を集団の中で惜しげもなく使用できるって凄いねっていう。


「タマちゃん」は腰にくるから一般ピープルは活用してはだめだって某部長さんが言ってました。良い子の皆も気をつけましょう。



居酒屋を出た後、カラオケに行こうって話になったんすけど、恐ろしく人多くてやめて、ダーツしようぜ!って某ユッキーの提案により、ダーツバーへ。


・・・えっと。僕はでも本格的なダーツしたことないんすけど。

「大丈夫大丈夫。余裕余裕。余裕のよっちゃんイカ100個一気食いだよ」と某お2人さん。





ふぁーっく。



(あ、ダーツにまつわる幼少期のファッキンなエピソードがあるんですが、それはまた後日語りましょう。以上でしょう)




ダーツバーにきたものの、全く分かりません。見よう見真似でやってみるしかない。ってか当たって砕けろ。当たって砕け散れ。



数回やったんすけどね。うんとね。ええとね。あのねのね。




ビギナーズラックという言葉をあなたは知ってるかい?



ヤヴァイ。最初の一回目は結構良かったらしいYO(とりあえず狙わないで投げました)まあその後は結構ボロボロでしたけどorz


ちなみにその日の最高得点は495点。初心者にしては上出来らしいです。某2名のちょっとした嫉妬心みたいなものを買ったみたいで!こんなこと言われました!



某ユッキー「とっとと死ねばいいのに」
某部長さん「とっとと腐ればいいのに」



僕は死にましぇーん。
僕は腐りましぇーん。



まあ僕はいつも何か新しいことをするとき、最初は結構調子いいんすよ。でも、大体欲とかが出てきちゃうともうだめ。あかんあかん。


某ユッキーが帰宅。某部長さんと2人に。まあ朝ジョナりにいきました。


そこではいろいろな話を展開してました。なかなか手強かった。面白い話がかなり聞けて、ホクホク気分ですよ。焼き芋を期間限定で今ならば道具も何も用いずにホクホクにできると思う。

そこで聞いた話は冥土まで持っていくしかないようだ。うわーん。ショボンヌ。シボンヌ。口チャック。チャックウィルソンくらい。


まあ人って仮面かぶってるよね。改めて人の気持ちの恐ろしさなんかを知り得た気がしたりしなかったり。












ああ、でもさ。僕は。やっぱり。










バカで阿呆でくだらなく、自分勝手な人間っていう生き物が面白くて仕方ない。





だってねえ。




「人間臭くて」ええやないですか。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2005/12/18(日) 20:55:29|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

知らざぁ言って聞かせやしょう。

どうも。こんばんわ。

ヴァッカです。複数形にすると酒の神になるヴァッカです。



【ヴァッカ→ヴァッカス→バッカス】
実はつい10分前くらいに考え付いたのは内緒ですよ。


さて、今日という日が今日ではなくなった。今日という日が今日でなくなった瞬間、僕は今日という日が今日ではなくなった日のことをリフレインしてみた。


今日という日が今日という日ではなくなった日は物凄く多くのことが僕の記憶に飛び込んできて、数多くのエクスペリエンスを残していきました。



ゴールド・エクスペリエンス!



まあいろいろありました。詳細は後日。今語るのはもったいないもったいない。もったいないオバケが出てしまいます。




この新しいブログにしてから初めてのネタ投下↓


「The・sushi」

↑シュールすぎ。笑いすぎてお腹がカオス。


激しくおねむちゃんなので、今宵はこの辺で。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2005/12/16(金) 01:42:32|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

金縛りをおすそ分け。

金縛りに遭ったことがない。



金縛りとは良く聞くが、どんなモノなのかは分からない。



痛いの?カチコチなの?ザ・ワールドなの?無味無臭?臭い?生乾き?



とある人は良く金縛りに遭うらしい。



羨ましいんすけど!妬ましいんすけど!



その人は授業中でも、至極当然に金縛りに遭うらしい。先日も数分金縛りに遭って、動けなかったそうだ。



なんだよなんだよ。金縛りちゃんとイチャついちゃってさ。ええことしてるやんけ。Eことしてるやんけ。


羨ましい。あ、よだれ出てきちゃった。フキフキ。



ちっくしょう!金縛りって何よ!何なんだよ!



同じ人間なのに、俺だけ体験できねえとかずるくねえ!?人って平等なんでしょ?そうあるべきなんでしょ?そうじゃないといけないんでしょ?



そこのあなた。そう、あなたですよ!あなた!


あなた、金縛りに遭ったことは?・・・あんのかよ!かーちっきしょう!馬鹿野郎!うわあああん!


金縛りをひけらかしやがって!くっそう。今に見てろ!金縛りに遭ってやるからね!絶対だからね!目にモノ見せてくれるわ!おとといきやがって下さい!


金縛り製造機作って、ノーベル賞受賞しちゃうんだからね!




とりあえず。






※僕に金縛りのおすそ分けしてくれる気の毒な奇特な方募集中

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/15(木) 01:41:48|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

眠りながら笑え。

友達のH君は良く笑う。

笑うことが好きらしい。嫌いでは絶対ない。



笑いが安い彼は僕が面白いと思ったことを伝えると0.5秒ほどですぐに笑ってくれる。笑いのロケットスターター。いいお客さんです。


H君は硬派なダンディさ。ナンパなんて言葉を絶対知らないような人だ。相当真面目だ。真面目すぎるのが玉にキズ。融通が利かないんです。でも、それが彼の魅力の1つかもしれないと思うわけで。


そんなH君。エッチではないし、ゲイではないし、バイでもないし、Mでもないし、Sでもないし、えーっとあと他に何がありますでしょうか。


ま、いっか。



ん?MでもSでもなかったら、何になるんだろう。



ま、いっか。



その、一部の界隈では有名なH君。



何故有名かというと。


彼は。



眠りながら笑うんです。



中学の修学旅行の時。



確かに笑っていました。怖かった。普段あんなにマトモなH君がマトモではなくなっていた。ミッキーマウスがナイフを持って「ハローボク、ミッキー♪」と言いながら、人を虐殺するくらい怖い。


部屋には8人くらいいたんですが、H君以外の全員が夜、彼が寝静まるのを恐れたというのはかなり有名な話。



で。



つい先日H君と久しぶりに会ったので、勇気を振り絞って尋ねてみた。



「お前さ。まだ眠りながら笑ってんの?」



「何のこと?何それ?」



















・・・え。


テーマ:気ままな独り言 - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/15(木) 01:23:48|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

最近のデスノートはつまらない。

この間、デスノート9巻買いました。


はっきり言わせて下さい。



最近のデスノートはつまらない。


Lが死んでからというもの、急激に面白さが激減してます。


まあ僕自身がL好きだったからですね。無くなってから大切なモノっていつも気づきますよね。馬で鹿なヤツですね、本当に人間ってヤツぁ!


何で今のデスノートに面白味がないのか。自分なりに考えてみた。


・緊張感が薄い
・Lがいない
・外人が出すぎ
・Lがいない
・話が飛躍しすぎた
・Lがいない
・どうも展開にまとまりがない
・Lがいない
・話が分かり辛くなってきている
・スピード感がない
・Lがいない
・やっぱりマンネリしてる?
・Lがいない


こんな感じですか。え?何ですって?Lのトピックばかりじゃないかって?いやあ、そんなことありますけど、気にしないで下さいよーごーめんなさいよー


理由を絞り込むとやはり以下になると思われます。


世界を広げすぎたことによって、話も飛躍し、展開にまとまりがない。

なので、どうにも話自体が大味だし、分かり辛い。という結果になってしまっている気がします。


昔のライトとLの対決あたりは至極話自体も分かりやすかったし、スピード感と緊張感がありました。恐らくは身近なところ、対決の距離が近いとかそういう細かいところなんすかね。


対して。


今はアメリカだとか世界だとかまでテリトリーを広げている。もっと接近戦に持ち込めや!マウントとっとけ!マウント!そこや!そこやで!



うーん。正直、ニアとメロ。この2人も好きになれません。やっぱりLと比較しちゃうと魅力が・・・


デスノートの最大の特徴としては、ブラックヒーローですよね。主人公が悪。結構、悪の限りを尽くしていると思う。ライトとかいう名前だけど、お前ライトじゃねーぜってちげえー


最近だとライトが追い詰められる立場にあるために、悪の加減が弱い気がします。そりゃあ親父が死ぬところとか短いシーンではありますけどね。


昔はもっとこう。



ドーン!って素敵に悪でしたよ。うん。

その悪さ加減が僕には気持ちいいくらい心地良かった。



女:最近味が薄いのよね。最近のあなたのお味噌汁・・・

男:え?!そ、そんなことないよ!

女:マンネリなの?マンネリなの?味噌汁もマンネリになるの?

男:ご、ごめん。俺も仕事とかで疲れていて、味噌加減の感覚が分からなくなってきているんだ・・・

女:ちゃんとしないとあなたの名前・・・デスノートに書くわよ。

男:は、はひ・・・



ええと、やっぱり最近のデスノートは面白くない。デスノートファンの方、ごめんなさい。でもね。僕もファンだからこそ言えることなんすよ、これは!


面白くなくても、買ってしまうんですよね。これ以上面白くなくなってきたら、普通に購入することもなくなるかもしれません。



L復活しねえかな。マジで。いや素で。



そうだ!そこで「ザオリクノート」の登場ですよ!L復活!面白さ復活!






とりあえずLがいればそれでいい。




テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/12/12(月) 22:28:47|
  2. バカイズム的漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

「親が生んだから生きている」

「親が生んだから生きている」



この言葉、重い、深い。軽くないのは確かだ。


松尾スズキの著書「第三の役立たず」を読みました。


まあ中身は松尾スズキの好きな、対談したい人とのインタビューになってるんすけどね。庵野秀明とかね。

その数人のインタビューの中で「完全自殺マニュアル」の作者、鶴見済が言っていた言葉。




 
「僕なんか親が生んだから生きているの一言に尽きますよ」


ふと思った。これ、生まれてくる人間、皆そう言えるんじゃない?


や、悪い意味とか悪意のある考えではなくてね。ニュートラルに考えてですよ。


だって、「生まれよう」という意志を持って、この世に生れ落ちた人がいるのか?っていうことですよ。やっぱり親が子供を産むからこそ、僕らはこの世に存在しうるわけですからね。


逆に「俺は、私は、生まれようと思ってこの世に生まれてきました」っていう人いたら、紹介して下さい。是非。


そういう人間いたら僕は怖いですよ。その人が。ええ、恐ろしいね。ある種の神がかり的なモノを感じる。



子供は親を選べない。


いつもこの言葉を耳にする気がします。親の子どもに対するDB事件とかあるとね。



僕も昔、母親と凄い喧嘩したことがあって、その時かなりの反抗期でしたから(表面では普通だが、内面では考えられないほどに荒れていた)言ってしまったんですよ。




「あんたに産んで欲しいと思って、俺は生まれてきたわけじゃあない」




その後、すぐに何てことを言ってしまったんだ、俺は・・・


って、凄い後悔した自分がいましたよ。言われた母親の立場になって考えると、本当に酷い。この時だけは自分が言ったことに責任なんて持てなくて、俺なんて死ねばいいとか勝手な絶望感に駆られてましたね。


もう一度だけ。あの時はごめん。お母さん。


例え、「親が生んだから生きている」という最初の事実があったとしても、親からしたら、愛情たっぷりに「生まれてきてくれて有難う」ってそう子供に思う人が大多数だろうし、そうじゃないといけないと思うんですけど。


子供が成長するにつれて。



俺を生んでくれて有難う。お母さん。



そう思えば、この世もまだまだ捨てたもんじゃあない。



なんだかこれを書いていて、母親に酷いことばかりしてきたような思い出が頭の中を嫌なくらい駆け巡っているんですけど。




近日中にでも、実家に少しだけ帰って「肩でも揉もうか?」なんて言ってみようかな。




でも、きっとうちの母親のことですからね。


「何?どういう風の吹き回し?気持ち悪いわね」



そう言われるんだろうな。笑



テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/12(月) 00:53:35|
  2. バカイズム的感動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

とある居酒屋のレシート

毎度有難うございます。

またのお越しをお待ちしております。


巨峰サワー 大      ¥472込
ほっけ焼き        ¥420込
ポテトフライ       ¥315込
お通し 210×2      ¥420込
Wキウイハイ 大 493×2 ¥986込
チャンジャ        ¥346込
鶏唐ハリハリサラダ       ¥504込
梅酒       493×3 ¥840込
なす一本漬け       ¥294込
ココロコ苺        ¥479込
カルーアミルク  420×3 ¥1260込
じゃがチー        ¥399込
オム焼きそば       ¥630込
カプチーノチョコ     ¥470込

小計額          ¥7826
(内税)         ¥372
 
合計           ¥7826
現金           ¥10000
お釣り          ¥2174
合計点数         23点



2人でとある居酒屋に軽く入った時のレシートです。


2人で8000円とかあり得ないですかね…(*´д`)?


こんなことしてるから、お金ちゃんが財布の中から他所の懐へダイブしてしまうんですよね。


参ったなあ。



服も買いたいし、本も買いたいし、映画も見に行きたいし、久しぶりにCDも買いたいし。



出費の多い今日この頃です。


テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

  1. 2005/12/11(日) 23:24:41|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

僕の舌をチラ見しないで下さい。

先日、ストーンズの有名な舌の出ているロングTシャツを購入しました。


何故だか分からないけれど、購入してしまいました。


他に欲しいモノそこまで無かったし。


値段を見ると、5900円。うっわ!高!迷った。ストーンズだけに、僕は石化させられた。うーん、どうしよう。


カップラーメンが出来る間くらい天使と悪魔が戦って、結局典型的な悪魔の勝利。


で。


早速、その舌を出しながら、大学へ行きました。


僕がこれを着ることによって、他人に舌を出して、「あっかんべー」と子供みたいなことしているわけだ。ただ単に、その何気ない感覚を味わいたかっただけかもしれない。


授業後、いつものたまり場へ。


タバコを吸って、雲が気だるそうに流れているのを見ている。


・・・あの。ええと。視線感じるんすけど。しかも何だろう。青い目の人々の。


この日本っていう国の人の視線じゃないんだよね。うん。


3人くらい外人の集団。恐らくはアメリカ人。かなりでかいNBAに出てるような体格のアメリカ人男性が僕をチラ見してくるんすよ。


これか?これがいけないんか?この舌がいけないんおますか?ねえ。あんさん。そうでっしゃろ?





チラ見すんな(#゚Д゚)ゴルァ!!



この舌の出ている服を僕は身につけているわけだ。となると、この舌は僕のモノ。僕の持ち物。僕の舌。



外人やからってな。他人の舌をチラ見しまくっていいっていうことはないねんぞ。い、いてまうぞ。


ってまだ見てやがる(#゚Д゚)ゴルァ!!



・・・やっと行った。



しまった。そう思った。ここは自分グローバル化として、接近戦に持ち込めば良かったじゃあーりませんか。



俺、近づく。その典型的なマイケルだとかジョンだとかいう名前っぽいアメリカ男に。そして言ってやる。



「俺の舌をチラ見してんじゃねえ」



「あんさん、どこに目ぇつけてんねん」




「ちなみに、わいの舌はご存知の通り、この腹あたりについてるけどな」







・・・






言ってみたかったああああああああああああああああああああああ

でも、日本語あんま通じんかったら、自分終わりますな。





ですからね。





皆さん、僕の舌をチラ見しないでね!



テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2005/12/11(日) 22:26:09|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

※現在、日本全国にレベル4が発動されております。

緊急事態です。


超エマージェンシーです。


皆さんゾクゾクしながら、続々と避難して下さい。


大丈夫。まだ間に合います。さあ、早く。その5階のベランダから飛んでみて下さい!ゆっくりと安全に!さあ、早く!笑顔でニッコリと「はい、チーズ♪」のあの笑顔でさあ!


小学校で習ったファッキンな合言葉を胸に抱いて、さあ!


「おかし」の精神

お→大げさに

か→がぶりよって

し→シャイニングフィンガー


・・・少々間違っている気はしますが、気にしない方向で。


レベル4が只今全国へ発動されています。


付近の住民の方は、速やかに避難して下さい。



友達のZ君が飼い猫のジョバンニに2日履き続けた靴下を嗅がせたら、ジョバンニは何故か気絶したらしい。助けて!カンパネルラー!


レベル4!



最近、夢に出てくるドラエモンが両手いっぱいにわさびを持って登場します。時代の流れでしょうか。わさび抜きドラエモンキボンヌ!


レベル4!



町田でおばさんとおじさんが井戸端会議をしている横を通った時、おじさんがしきりにおばさん達に「HG知ってるか?HG知ってるか?」としつこいくらい訊いていた。きっとHG(ハイグレード)ガンダムのことですよね。


レベル4!


これは奇跡を呼び起こすモノなんだよ。お前もやってみろ。と言って、通販の「何とかストーン」を買い漁っている知り合い。バツイチ。現在失業中の35歳。しっかりするんだ!


レベル4!



「南無阿弥陀仏・・・」と唱えながら、十字を切るカトリック教徒。同時多発宗教!?


レベル4!


メイド喫茶にいかにも秋葉系な萌え萌えのピンク色のフリルつき肉弾男性が来店。間違えるな!あなたが行くべき店はメイド喫茶じゃあない!「冥土喫茶」だ!


レベル4!


明日は晴れるといいなあ・・・と言いながら、黒魔術の儀式をするストレスの溜まった30代OL。誰か彼女に白魔法を唱えてあげて!


レベル4!



現在ブギウギ大学生、割り箸を割ろうとして、微妙に失敗したことで、朝からテンションガタ落ち。ヴァッカです。



レベル4おおおおおおおおおおおおおお!!!!!



444444444444444444444444444444444444444444444444444444444444444444444444444444444444444444444444



ふぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお









For 今宵ネットサーフィンをしておられるお暇な方へ。









※現在、日本全国にレベル4が発動されております。



テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/10(土) 21:26:35|
  2. バカイズム的に遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

布団君が僕を離してくれません。

朝だ。

朝だったら、朝だ。

誰がなんと言おうと、朝だ。

バカな鳥がチュンチュンチュンチュンいってやがる。

こっちが願ってもいないのに、朝は毎度毎度やってくる。


「ちわーっす!三河屋でーっす!」的にやってくる。


最近の朝は酷いんですよ。最近の若者より酷いんですよ。

第一に、寒い。

第二に、眠い。

第三に、だるい。


第一の理由。これが恐ろしい。僕は怖い。怖いほどに狂おしい。狂おしいほどに真に迫る。ていうか極寒。ダイヤモンドダスト。


寒いとどうなるのか?


寒い→布団の中がぬくいので、布団から出れない→布団が僕をフォーリンラブっぽく離してはくれない→結果として、布団からやっぱり出れない→勘違いフォーリンラブな布団君に僕は逆恨みするようになる→結局、遅刻するかしないか。是か非か。伸るか反るか。な状態に陥る。


だからさ。


布団の中ってある種、桃源郷なわけっすよ?あまーいのよ?ぬくーいのよ?こわーいのよ?


抱きしめられて、離れちゃくれないのよ?


こわあああああああああああああああああああ!


「離してくれ!布団君!僕は君を完全に愛するわけにはいかないんだ!」

「ふふふ。まだまだ時間はたっぷりあるわ・・・」

「待て!ま、ま、ま、待ちたまえ!」





あああああああああああああ・・・


























二度寝フォーーーーーーーーーーーー!!!!!



テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

  1. 2005/12/09(金) 08:22:10|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

歯と姉貴とFranz Ferdinand

世間は姉歯建築士とかいうキーワードでいっぱいいっぱいらしい。


可哀想にね。「頭も偽装かよ」とか言われて、この人も。


きっと裏の黒幕に操られていたんだろう。おいたわしや。まあ、悪いことをしていたのは確実なので、自業自得だな。


先日思ったんすけど、姉歯のおかげで苦しんでいる人々にとっては
「姉」と「歯」というこの二文字。これを見るのは凄い嫌なのではなかろうか。


例えば。


街中を歩けばすぐに見つかる「○○科医院」


これはきつい。「歯」という文字は上記のように、街中のどこにでもあるからね。


続いて「姉」という文字。


良くキャッチフレーズで「綺麗なおさんは好きですか?」


とか。


今絶賛放映中、月9の「危険なアネキ(貴)」


うーん、ちょっと苦しい感がにじみ出てますが。


まああれですよ。やっぱり人間気にしちゃうけれど、気にしない方向に何とか持っていって下さい!(俺はすげえ無理なことを言っていると思う)


被害に合われている方々、徹底的に国を相手に戦って下さい。それぞれ事情はあるでしょうが、戦わなければならないとやはり僕は思います。




次。


Franz Ferdinand


や、いいっすね。こういうロック待ってました。CMだとジャンジャン流れてますねーソニーのCMでしたね。確か。



踊れるロック!踊らないとロック!Franz Ferdinand!



「同じロックなら、踊らなけりゃ損損」



ひゃっはー!いやっはー!フォーーーー!


てなわけで、Franz Ferdinand、イチオシです。久しぶりに僕のロックンロール心に火をつけてくれたバンドです。

もっとFranz Ferdinandについて知りたい方はこちらへ→ソニーmusicのHP


※ちなみに、映画も今公開中のハリポタのラドクリフ君も大ファンらしいっすよ。Franz Ferdinand。ラドクリフ君とは僕、結構気が合いそうです。






Franz Ferdinandめ。





希代の魔法使い、ハリーポッターすらも虜にしてしまったのか!?


テーマ:気になるミュージック - ジャンル:音楽

  1. 2005/12/08(木) 18:58:10|
  2. バカイズム的音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

信長の野望

信長の野望。  「お子様ランチを誇らしげに頼む」


信長の野望。  「小学生クラス対抗30名31脚に参加」


信長の野望。  「ビンラディンに膝カックンをする」


信長の野望。  「ディズニーランドでミッキーと一緒に写真を撮る」


信長の野望。  「おもむろに人間ドックに挑戦」


信長の野望。  「カラオケで津軽海峡冬景色を熱唱」


信長の野望。  「ドラムが4人というビジュアル系バンドを結成」


信長の野望。  「町田に良くいる黒人にコブラツイストを仕掛ける」


信長の野望。  「2人はプリキュアを毎週欠かさず見る」


信長の野望。  「秋葉原へ行き、萌え~と一時間連呼し続ける」


信長の野望。  「気分転換にアフロにして、スキマスイッチのアフロと張り合う」


信長の野望。  「戯れに震度3以下の地震を予知する」


信長の野望。  「仏滅に逆ナンされる」


信長の野望。  「エスパー伊藤に弟子入りする」


信長の野望。  「トイレ裏で用を足した後、残尿感に打ち震える」




・・・信長の野望。・・・信長の野望。・・・信長の野望。



あなたの野望はどんな野望ですか?今度是非とも聞かせて欲しい。



最後に。日記を。


今日は友達と久しぶりに町田を徘徊してました。

友達が回転寿司へ生まれてこの肩、一度も行った事が無いというので、回転寿司へ。

友達は入った瞬間から、寿司が回っている状態に、テンションが無駄に若干アップしていた模様。緊張する大将へのカウンター注文もなんとかこなしていたようだ。


回転する寿司を見て思ふ。


「僕らも回転すればいいんじゃないか?」


寿司は固定。僕ら人間が回転する。回転した状態のままで寿司を取るのが難しい。かなり難しい。修練に修練を重ねた達人だけが、ちゃんと気持ちのいい食事がそこでは出来る。腕の浅い人は寿司をきちんと食べることは出来ない。正に焼肉定食。弱肉強食。


きちんと回転した状態で寿司をゲットできるまでに、毎日店に通って、鍛錬に3年の月日を要す。


中堅の客でも、寿司を取る手がブレると、ミスる。すると・・・「まだまだ修行が足りんな」と大将から厳しいダメ出し。手の甲の角度がダメなんだと気合の入った指導を受ける。凹む。今度は大将が見本を見せてくれるが、大将も上手くいかない。「俺は寿司握ってればいいの!」と逆ギレする大将。

と、まあ回転する寿司を見て、そ
んなことを考えた。いやまあ、一応そういう不条理なことを考えられるので、僕の脳はまだ回っています。





あれ?






そういえばさ。





この地球も回ってたんだっけ?


テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/07(水) 02:17:45|
  2. バカイズム的に遊ぶ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:7

「いい人だから」ではキリがない。

朝。友達の電話で起こされる。いきなりテンション高すぎて引いた。引いているのに、相手は押しまくる。寝ぼけまなこで話を聞く。


いろいろと相談をされた。結局、電話ではラチがあかなすぎるので、直接会うことに。ねむいねむいさむいさむい。



で?



はーはーそうですかそうですか。oh yes yes..... 

た い し た こ と じ ゃ な い や ん け 。


いろいろと相談され一度マイカオスハウスへ帰る。


いろいろとした後、今宵7時に渋谷で某Mさんと会う約束をしていたので、急いで準備をして、サイクロン号で駅まで激走。風がつべたい。


電車に飛び乗る。座る。隣を見る。・・・え?



そこには、およそ予想の出来ないような光景が僕の視界に入ってきた。


僕の隣には・・・


「メイド喫茶から出てきたかのような女の子」←ピンクのフリフリ服。結構可愛い感じの子でした。


ええっと。ここはメイドトレインってヤツっすか??????日本初!メイドトレイン!?

いや、本当にあれはないですって。日本が共産主義になるくらいないですってば。


あ、そうか。つまりこの子はあれだ。「これからメイド喫茶に出勤するところ」なんだな、うん。そうだろう。そうでしょう。ズバリそうでしょう。


そんなこともありながら、渋谷へ到着。人多いよママン。外人多いよパパン。


某Mさんの仕事が押して、ちょっと待つことに。HMV方面へブラブラ。HMVでけえなおい!

いろいろ聴いた。ニッケルバックだとかボンジョビだとか、そんなもんもういいよ。もーう骨太ロックは聞き飽きた。もっとこうソウルフルなもん持ってこんかい!

HMVを出て、靴を見に行く。渋谷のASBEE糞だった。とっとと潰れていいと思う。品揃え酷過ぎるわよ。町田のほうがええですね。

そうこうしているうちに某Mさん登場。

その格好はなんだい?と訊かれたので、「いや、そろそろ微妙なクーデター起こそうと思って」と答えた。


飯をどうしようかってなって、考えた末、「鉄板焼きとかお好み焼きとかそんなんがええですね」ってことになって、近くのお好み焼き屋へ入った。


ジュージューと焼く。豚を焼く。野菜を焼く。


話も弾み、お好み焼きも美味美味。まいうー。某Mさんとはいつも話のネタに困ることがない。きっと2人とも話したがり屋だからかもしれないね。いいことだす。おばんでがんす。


一番印象に残った話。


「誰々がやらかした」「誰々がひどかった」とかいう話題になると、大体の人が


「でも、いい人なんだよね」と言う。



しかし。



「いい人だから」というのではもうキりがねえよ。


ということを友達が言っていたらしい。厳しいね。だけど、納得。人生厳しいね。


そうこうしているうちに時は流れ、またねーと言い放ち某Mさんと別れて、帰路へ。



あーうーんむうーん、今回はまとまんないなーゴチャゴチャ書きすぎたわーどないしよーどないせいっちゅーねーん。だっちゅーねーん。




要は最近寒いから皆、体調管理には気をつけようねってことだよね!?
(↑無理やりまとめすぎた図)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2005/12/07(水) 02:13:54|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ