バカイズム

バカこそ真実だ。センスのあるバカを目指します。「面白きこともなき世を面白く」をモットーに突き進め!”バカの中にある真理”を見い出すために。さあ!今日もゆけ!馬と鹿の合わさった人間ども!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その時、おならは乾いていた

おならできないのよ!





無理無理!ほんっとー無理!








彼氏の前でおならをこくことができなくて悩んでる子がいる。
誰だっておならなんてするんだから。


「ごめんあそばせ」 的に、バフッ!とやっちまいなーって言っても無理らしい。






「あたし、大好きな彼の前でおならしたら死ぬ…」
と言い切るそんな彼女はその時僕の目の前でゲップ
をしてくれやがりました。
ゲップはいいんですかおねーさん。








へー。








じゃあその大好きな彼氏以外の人の前だったらできんの?







「できる」






じゃあジョニーデップの目の前でしてこい。





「それも無理!死ぬ!」






じゃあ佐々木蔵之介。






「それもごめん無理!おっちぬ!」






じゃあデーブスペクターじゃなくて、デーブ大久保。






「おならで会話できるね。どっちとも」







へー。








へー。








へー。







とりあえずその大好きな彼氏とその大好きな彼氏を溺愛
している彼女に焼き芋をたらふく食べさせる。








バフッ!









お前の寵愛を一身に背負っている大好きな彼氏がしたぞ!









さあ、いけ!









「………だっ………めえ………い、いや………こんなの…」









…ぷぅ~








………きた。彼女は本懐を遂げたのだ。








嘘つき。








でも、嘘つき。











おならしたら死ぬって言ってたじゃん。











彼女は死ななかった。

スポンサーサイト

テーマ:お笑い - ジャンル:お笑い

  1. 2006/12/04(月) 00:26:16|
  2. バカイズムな物語
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

虚空がネギをしょってきた

夕暮れ時を気取りながら



僕は帰り道を順調にかつ、恍惚に進んでいました。




僕の前を行くいかにも買い物してきたわよ風な
おばちゃんが、ネギを落としました。




咄嗟のことでした。





僕は、あ!と思い、声をかけようとしました。
・・・しかし、待て。これなんて声をかけよう。



「あの、落としましたよ」



いやいやそんな普通の回答じゃあ周囲の人に
笑われてしまう。もっと何かこう・・・




「おばさーん、落としてますよー」




いやいやおばさんだなんて見ず知らずの人に
言って、相手が怒ってしまったら元も子もない。
僕はただ静かにネギを落としたことをおばさんに
伝えたいのだ。ああ、だが!だが!僕は!





神様。お許し下さい。僕はあろうことか。
明らかに買い物をしてきたおばさん風のおばさんが
ネギを落としたことを伝えることにすら四苦八苦して
いる人間です。おお!これが!俺の!おこがましい!
これが!夕暮れを気取っていた僕の代償で!ネギは!
ネギはいつものようにネギで!ただ、そのネギが!
ネギがニュートンの魔力によって地面に落ちたことから
始まったこの取り留めのないストーリー!










なんてことだ!正に!今!








早くしろ。早くするんだ。ネギは僕を待っている
かもしれない。ネギは早く見つけてほしいのだ。
知らせてほしいのだ。今晩の食材になるであろう
ネギの幸せ。その幸せが破壊されようとしている。
おばさんに早く知らせなくては!この僕が!僕だ!






でも、なんて言う?なんて知らせれば?
ここは天下の大往生。何か僕が言葉を発すれば
みなの注目を買う。そんな大事な場面。そんな
場面では失敗は許されまい。おお!なんということだ!
アダムとイヴ!なんであんた方はセックスしちゃったの!














この心がネギに対してここまで思うということがあったか。
ないと誓え、ネギよ。間違えた。ないと誓え、心よ。
今この瞬間よりネギがまともに地面におばさんの買い物袋
から落ちるという場面を見ていなかったのだから。










閃いた。僕の中で何かがはじけ、閃いた。







「ネギ、落としましたよ」







これだー!爽快!なんだこの!爽快感は!
このセリフを待っていた!頭の中に思い浮かぶのを!
そうだ、事実を伝えればよいのだ!ネギはネギだ。
ネギという主語を入れることによって、ネギがネギ
たらんということをネギも自覚し、かつ、おばさん
がすぐさま先頭の「ネギ」という名詞に気づくだろう。











今!今だ!ゆけ!GO!男だろ!ええ!








頭の中で何度も反復した。シュミレーション上では
成功のはずだ。行く。行くぞ。俺。俺は。
やってやる。やってやるぜ。GO!GO!DO!DO!NOW!










うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!














「あの・・・」



















「あ、ネギ落としましたよ」
















Σ(゚Д゚)!















と、OLさんが敏速にそのネギを
拾って・・・ね・・・おばさんに・・・手渡した・・・










僕はその瞬間










そのOLさんを
















心の中で5回ほど殺したのだ。

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/11/06(月) 01:48:03|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

・・・まわらねえスシは、ただのスシだ。

・・・我はα(アルパ)であり、ω(オメガ)である。
・・・最初の者であり、最後の者である。
・・・初めであり、終わりである。


~新約聖書ヨハネの黙示録第22章13節より~





アルパ「いただきます」
オメガ「ごちそうさま」






アルパ「い、い、い、入れるよ・・・?」
オメガ「・・・ふー(←タバコ)良かったよ・・・」






アルパ「お友達からでいいので、つ、付き合って下さい!」
オメガ「・・・産むわよ、この子。慰謝料よろしくね」






アルパ「おはようございます」
オメガ「おやすみなさい」







アルパ「い、い、い、入れるよ・・・?」
オメガ「・・・・・・・・・うッ!!!!!!」





アルパ「てめえみたいな教師!反吐がでんだよ!!」
オメガ「ちっくしょう・・・俺よぉ・・・おめえの生徒で・・・良かったぜ!!(No more~cry~♪)」





アルパ「アンケートよろしいですかー?♪」
オメガ「ふふふ。絵を買ってくれてありがとう」






アルパ「あっ!痛い!・・・や、や、優しくして・・・」
オメガ「・・・えー今日だるーい。ねむーい。ねるー」






アルパ「お昼や~すみはうきうきウォッチ♪」
オメガ「明日もまたー見てぇくれるかなー?!」






アルパ「なんだぁ?てめぇは?皆の者であえー!であえぃ!」
オメガ「・・・成敗!(ザシュッ!)」






アルパ「俺は卒業できる!たぶん!」
オメガ「・・・本年度もどうぞよろしくお願いします」

テーマ:明日使える冗談、ジョーク、小ネタ。 - ジャンル:お笑い

  1. 2006/10/28(土) 02:22:17|
  2. バカイズム的に遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまにはピュアな僕をみて。

podbor75_13.jpg







あー。

ん?

あのー、そのー、なんだ。あれだ。あれ。

だからなに?

・・・な。手、つなごうぜ。

え、なんで?

なんでってそりゃあお前。

うん。

手つなぎたいからに決まってんだろ。

えー。

えー。じゃねーよ。嫌なのかよ。

嫌じゃないけどぉ・・・

なんだよ。

は、恥ずかしい・・・


ば、ばか!俺だって恥ずかしいんだよ!

・・・う、うん。





2人、手をつなぐ。





・・・

・・・

・・・あったかい。

・・・うん。




・・・











・・・あ、なあ。









・・・ん?









俺さあ・・・







うん。












やっぱお前のこと好きだわ。

テーマ:しあわせ - ジャンル:恋愛

  1. 2006/10/28(土) 02:11:54|
  2. バカイズム的感動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョークが地球を救う

<タイタニックじゃない>



(日曜日)500人乗りの船に乗る
(月曜日)船長に食事に招待される。
(火曜日)船長と一日を過ごす。
(水曜日)船長に下品な申し出をされる。
(木曜日)船長に、もし申し出を断れば、船を沈めると脅される。
(金曜日)499人の命を救う。






<やっぱり娘が好き>



「お嬢さんと結婚させていただきたいんですが」
ボブがスーザンの父親に申し出た。
「若いの、君は私の妻には会ったのかね」
父親が尋ねた。 ボブが答えた。
「ハイ、でもやはり、僕はお嬢さんの方が良いんです





<お昼寝中>


「ママ、どうして僕には弟が居ないの?」
「あなたの弟はまだパパの中でお昼寝中よ







<1・2・3>


黒服「おい、貴様。今から3つ数える。
   その間に俺の目の前から消えろ。」

黒服「1、2、3」

男は黒服の男の背中側に移動した。





<お葬式で会いましょう>


子「流石に高校生になるし里帰りも面倒だし、来年は留守番してるよ」
母「あらあら。でも、友達といる方が楽しいでしょうからねぇ。」
子「まぁ、葬式になったら会えるでしょ。」








<狙うは小学生>



男A 「お前結婚したんだって?でも昔から若い子が好きだ
    って言ってたのに、なんで年上と?」


男B 「・・・彼女バツイチでさ、小学生の娘が三人もいるんだ




テーマ:ネタ - ジャンル:お笑い

  1. 2006/10/13(金) 01:53:08|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

デタラメ偉人たちのぼやき

聖徳太子がこう言いました。




「もーっ!一度に話しかけないでくれるっ?!」








エジソンがこう言いました。



「発明で忙しいので、部活やめます」








ジョンレノンがこう言いました。



「ヨーコさん!・・・お友達からお願いします」








小早川秀秋がこう言いました。



「・・・この恋だけは・・・裏切らない・・・!」






フランシスコザビエルがこう言いました。



「その問題とこの髪型は今は無関係だろ!!!」






ジミヘンドリクスがこう言いました。



「歯でギターを弾いたって言ったら

歯医者さんに怒られちまったよ」








テーマ:明日使える冗談、ジョーク、小ネタ。 - ジャンル:お笑い

  1. 2006/10/04(水) 01:15:30|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

幸せはドブネズミに似ている

幸せはドブネズミに似ているんだそうです。




私はどうしてもあの子の持っている
チョコレートが欲しかったんです。
ですから、私はあの子を羽交い絞めにして
チョコレートを奪ってやりました。
チョコレートだけでは味気ないなとふと
思ったので、あの子の貞操も奪ってやりました。



チョコレートよりもスイートでした。




隣の部屋から喘ぎ声が久しぶりに聞こえてきました。
これには私は感動してしまいました。ええ、すごく。
だってあんなにもセックスレスだったはずの
隣の新婚のご夫妻が数ヶ月ぶりに私へ喘ぎ声を
届けてくれたのですから。えらいことです。
そこにはきっとご無沙汰な幸せがご夫妻に
訪れることでしょうね。エロイことです。



幸せはドブネズミに似ているんだそうです。
ドブネズミは下水道の中などの汚染された、汚れきった
環境の中で必死に一生懸命頑張って生を保っているんです。
そうなんです。幸せもまた同じなのです。はい。
幸せはきっともがいてもがいて得るものだからです。
幸せはポンっと天から輝きながら降りてくることなど
言語道断です。幸せはもっと手荒に扱うべきなんです。
手荒に扱えば幸せもまた耐性がつくのかもしれませんし。



幸せが私の家の玄関をノックした時から
付近の住民の方に私は疎まれるように
なりました。一体どうしたことでしょう。



幸せが私の家にあがって、私の部屋に入った時
恐ろしいかな。付近の住民が付近の公園で軽やかなデモ
を行っているのを母が見かけたそうです。しかし、母は
その彼らの軽やかなデモを見て、おならを一回ボフッと
こきました。付近に私がいたのですが、あれはサリンでした。
ドメスティックバイオレンスサリンでした。






最後に。





私はどうしてもドブネズミに私から幸せを与えてあげたかった。
なので、私はまず汚れきったその全身をキレイにしてあげました。
ドブネズミがキレイネズミになった瞬間です。さあ、見てご覧なさい!
素晴らしく見違えたドブネズミの姿がそこにありました。
しかし、ドブネズミは嬉しそうではなかったのです。








・・・そうして、キレイになったドブネズミは死んでしまいました。


テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/10/04(水) 00:53:33|
  2. バカイズムな物語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの頃またアンダーグラウンドで会いましょう

僕がいけないんですか。

ねえ。僕がいけないんですか。

もう一度聞きますけど。




僕がいけないんですか。





僕が全面的に悪影響を及ぼしてるみたいに
最近すごーく言われるんですがね。





僕はあれっすよ。
向こう側(マトモフィールド)とこっち側(えっちフィールド)
を渡るためのエロピンクなかけ橋を一時的にかけてるだけ




なんですってば。




かけ橋をその後面白がって渡ってくるか来ないかは
その人次第じゃないすか。ねえ。そうでしょ。




嫌だったら言ってね。いや本当に。





いいんすよ。別にいいんすよ。




いくら卑下されようが。
いくら品性を無くそうが。
いくら非難されようが。





笑いという名の幸せを周りの人に振りまくことが
できるのならば、この身を喜んでヨゴレへと。







笑って暮らせりゃ人間そりゃあ大往生さ。






皆が笑顔でいられるに越したことはない。







人間ってそんなもんですよね。








あ、最近はちょっと格別忙しい日々を送っております。





だめだね。何が大事で何が良いのかってさ。
分からなくなってきちゃってるよね。




感覚は研ぎ澄ませて。感性は緩やかで柔らかく。
そして、時に暑苦しくも不格好でさ。







やっていこうじゃない。









男はね。寂しさを背中で語るんだってよ。







優しさだけが取り残されちゃいけないんだってさ。






昨日夢の中でガチャピンがそう言ってた。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/09/18(月) 01:32:58|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

刹那的問題は44にある

高校の時にH君がいた。
そのH君のセンスに衝撃とおぞましさを同時に感じた。
彼がある日、自分の時計の現在の時刻を僕に見せてきた。



15:44



はあ、それが何か?と僕が言うと

「今に分かるさ」的な表情と不敵な笑みを
浮かべている彼がそこに確かにいたのだった。
そして、また彼が自分の時計を指差す。



17:44




む。流石にこれには僕もおおーと感心してしまった。


だってあまり時計をそこまでぴたりと当てることは
早々ないだろうと思ったからだ。


翌日



その日もまた44の魔の時刻を彼は次々と申告してくる。



44の魔力とはそら恐ろしいものだった。




僕は流石に彼のことを44の魔道師
または44の伝道師とでも
呼ばなくてはならないのかと本気で思ったほどだ。




彼は僕のそんな馬鹿なそんな馬鹿なという思いとは
裏腹に次々と魔の時刻を申告してくる。





やめろ!やめるんだショッカー!





これは軽量級な拷問だった。





なぜだ?なぜ彼はああも簡単に44という嫌な数字を
僕に見せびらかして・・・そして、当てまくるのか・・・
僕は奇跡を目の当たりにしてるのではないだろうか。
きっとそうだ。いや、し、しかし”そういう細工”の
施されている時計だったら・・・究極細かく細心の注意
を払って自分の時計を見ていたら可能ではないか?






ええぃ・・・ままよ・・・







というわけで、自分も44の魔の時刻を言い当てる
習慣をつけてみた。・・・できない。できないんだ。
俺にはフォースの力が足りなかった。人間ずっと
時計を気にしてはいられない。他のことに集中しなくて
はならないからだ。無念。自分の力の無さを思い知る。




彼と僕の力関係はゴクウとクリリンくらいの力の差
歴然とはっきりとそこにあったのを。






完敗だ。






その完敗の日から僕は
あれだけ一ヶ月毎日続けていた
アロエヨーグルト健康法を続ける
ことができなくなってしまうほど
の敗北感を味わうことになった。






彼は僕が完敗したと見るやいなや






僕以外の人にターゲットを変更したのだった。





そう。彼はきっとスナイパーだった。






銃火器の不必要を地球に問う地球に優しく
肉体的ショックを与えるのではなく
精神的ショックを与えるスナイパー。



現存するこの日本における唯一の
サイコミュスナイパーだったのだ・・・








このつたない僕の文章で彼の怖さを少しでも感じて頂けただろうか。





それだけが僕は心配なのです。そうですよ!





・・・メーテル・・・見えてる・・・水玉・・・


テーマ:ネタ - ジャンル:お笑い

  1. 2006/09/07(木) 15:34:03|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石橋をテンション上げながら渡る

テンションを自分なりにあげる手段と方法
(自然上昇と人工上昇)を抜粋する。




・とりあえずガンダム見る
・とりあえずマクロス見る
・とりあえずジョジョ読む
・とりあえず新感線見る
・漫画を読みながら腹筋を使う
・チョコビを食べる
・チラリズムに遭遇する
・朝、寝癖無でいきなり髪形キマってる
・1人で鏡に向かいつつ変な動きをする
(音楽に乗せてみるとなお良い)
・嫌いなヤツの顔を想像してぶん殴る
映像を導き出す
・よちよち歩きの赤ちゃんを発見する
・スイカバーを朝っぱらから食べる
(基本は夜風呂上りに食す)
・チキンラーメンに卵を落とす
・木村カエラが今何をしているのか想像する
・自分の靴下のにおいをかぐ(フローラルな香り)
・エロ本を立ち読みしているおじいちゃんを発掘する
・座っていたらOLさんが隣に座ってくる
・財布の中に小銭があまり存在しなくて
かさばらない昼下がり(快適)
・電車に揺られている時、周りをふと見渡すと
女性ばかりだった時(おばさんでもこの時はOK)
・ファイルマンで仮面ライダーの動画を見る
・Fとケミストリー(アングラテンションがパンクする)
・ケータイの時計を見たら18:18とか
・店員さんがお釣りを渡す時そっと片手を自分の
手の下にそえてくれる(ちょっぴりドキっとする)
・「温めますか?」と言われ、「はい」と言うのだが
心の中で(ぼ、僕を温めてつかぁさい!)と
勝手に妄想しているちっぽけさに笑う
・自分以外の周りのほとんどの人が疲れている時
(ただし、自分はニュートラルな状態限定)
・朝起きる時、無駄に「ひゃっはー!」と叫びながら
飛び起きてみる(この後、母親にうるさいと言われる120%)
・普段下ネタを言わない人に下ネタを振る





羅列してみた。ひどい。眠い。だるい。
最近ムカムカすることが多い。まじ人間小っさいな、自分。




でも自分的にはこの数年かなり辛抱我慢してきた
と思うので、あまりもう我慢しないことにした。





期間限定で。





テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

  1. 2006/09/07(木) 14:00:45|
  2. バカイズム的に遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

振られ続けて連続20回

おい、お前。
もう我慢できないから
言うけどよ。なあ、おい。





ああ!そんな!そんなにやっていいのかよ!




ひどい!ひどすぎる!お前ってヤツは・・・






てんめー!








ああ・・・あ・・あ・・・






かわいそうに・・・かわいそうに・・・







何度振られ続けたらいいんだ彼は・・・







もう連続20回は振られ続けている・・・






ああ・・・ああ・・・







そ、そこまでにしてあげろよ・・・






おい、てめー!


















夏みかんジュース振り続けるのはそこらへんでいいだろ!
中身のツブツブをほどよく分散させるためには
振り続けるしかなかったんだよな。分かってる分かってるって。






今日某入倉くんが女の子夏みかんジュースを豪快に
振り続けていたので、注意してあげました。


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2006/09/07(木) 00:35:06|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドモホルンリンクルをお売りすることはできません

アングラネタをこの手に掴み離さずにはいられずに、
アングラネタが僕を掴み離してはくれない。
アングラがエネルギッシュに輝いてくれるから
僕もまた輝けるんですかムツゴロウさん。




ちなみに仮面ライダーアマゾンの愛機はジャングラーです。






申し訳ありませんが、初めての方には
ドモホルンリンクルをお売りすることはできません。





申し訳ありませんが、お母様。
この日本という情報化社会における
大事な情報への第一声となりうる情報
へのすかさずツッコミを入れなくては
ならないようなボケはお受けできません。






拙者「じゃあ、いってくるわ」

母「ああ、うん」

俺「今日も遅くなるから」

母「はいはい」

俺、玄関まで移動し靴を履こうとする。

母「あーこの後大雨だってー」

俺「え、マジでー?」とリビングへ戻る。

俺「どこで?東京?」

母「4チャンネル













誰がてめーの見てるチャンネル答えろってー!











責任者出てこい!このすっとこどっこい!



テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/09/02(土) 15:50:31|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

僕らの秘密基地

自分用メモ。







”秘密基地”


あの頃の 小さな僕が見上げる 
空はほんとうに広かった
好きな人をこの手で守れると思っていた 本気で
どうして背が伸びない それが悔しかった
わがままをまだ かわいいと勘違いして
いたんだ ずっと

あきらめることなんて
思い浮かばなかった
ただ前を向いてた でも・・・
できないことばかりで 早く自由になりたくて

いくら手を伸ばしたって 届くはずのない
大きな大きな空 でも僕は
何も疑うこともなく キレイな未来を信じてた
悔しいことがあると こらえきれなかった
大きな大きな涙 でもあのときの
僕の目は何より 輝いていたと思う

あれから随分 背も伸びて
世の中のこと 少しわかって
一生懸命がカッコ悪くて 冷めたフリして
歩いていたよ でも・・・
中途半端な僕には 何ひとつできなかった

いつからか僕は きらめく明日を
信じてたことさえ忘れて
自分を守るためにたくさんの大切なものを傷つけてた 
遥か遠く真上の空の向こうに 何があるか知りたくて
「大人になったら必ず行くんだよ」って 約束したんだ

いくら手を伸ばしたって届くはずのない
大きな大きな空 でも僕は何も疑うこともなく
キレイな未来を信じてた
悔しいことがあるとこらえ切れなかった
大きな大きな涙 でもあのときの僕の目は
何より輝いていたと思う

あの頃の小さな僕が見上げる
空はほんとうに広かった
好きな人をこの手で守れると思っていた
本気で・・・






20060902152328.png






昨日食べた食事だって忘れてしまう。
あんなに好きだった子のことも忘れて
次の子ともう関係を持ったりもする。
昔あんなに悲しんだことすらもすぐに
忘れてしまう。あんなに仲良くて
あんなに信頼してて。遊んだ友達の顔だって。
自分がどれだけひどい人間だってことも。




あーあーあーあー・・・






人間だねえ人間だねえ人間だねえ。






忘れていくんだよねー







あーあーあーあー・・・






なーんか忘れてる。大事なことをなーんか忘れてる。







だめだわーあかんわーこのままじゃー







最後には自分が人間だってことすら忘れちゃうんじゃないか?




  1. 2006/09/02(土) 15:26:50|
  2. バカイズム的感動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かに座ってロックなんだよ

今日、電車に揺られながら気持ちよくあくびをしたら




首がつった。





これには流石のトラブル歓迎会の会員の僕でも





もがき苦しんだ。







首つるとね。呼吸困難に陥るんよ。
首つるとね。平常心でいられなくなるんよ。
首つるとね。周りの人たちが心配してくれるんよ。





皆さんも前向きに首をつりましょうねー
健やかに首をつると多くの人々に心配してもらえます。






この世で一番はじめに首つりを考えたのは一体誰なんだろう?
よくあんなことをやってのけられたもんだ。





だって痛いじゃん。苦しいじゃん。むごいじゃん。







とりあえず。






東京69。頑張ろうか。頑張ろうね、皆。
ちなみに僕は生まれながらにしてシックスナインだ。
だってかに座だもん→69。かに座ってロックなんだよ。





  1. 2006/08/31(木) 02:56:46|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャストサイズで目覚めた朝は

D1000053.jpg


(画像は↑親切に横画像。首をかしげて世の中を見てほしい
という願いを込めて横画像。横画像です。首が痛くなったらお慰み)




「あんなにブカブカだった曙ファイティングスーツが
ジャストサイズになった」



という夢を見た。


曙ファイティングスーツは
NASAと高砂部屋で共同開発した
というすごい、すごいスーツだ。


要するに耐ショック的に優れたブヨブヨの
ドラゴンボールに出てくる怪物みたいな
サイズのスーツだ。すごいのだ。



そんなある日のこと。



そのどすこいサイズの曙ファイティングスーツが
ジャストサイズに!ピッチピチ!ピチピチギャルよりピッチピチ!


に、なるという事件が起きた。


これにはNASAと高砂部屋を震撼させた。
なにせ開発費は軽く15億円。


海のもくずと消えたのだ。







そんなわけわからん夢でジャストサイズ的に起床。
きっと、昨日変な事ばかり話していたからだ。









きっとそうだ。





馬鹿とけむりは5Fに存在する。



嘘だと思うなら、新宿の「馬鹿とけむり」に行ってご覧なさい。



脱力系なあっさりしたやる気あるのかないのか
分からない店長と気迫のコミュニケーション能力を
ひしひしと感じさせてくれる店員さんが応対してくれるはず。





続きは、昨日の脱力系ゆるーり話。





あんまり見て欲しいとは思わないので、見ないで。
続きを読むを押さないで。




だめー!押さないで!いや!いやー!こ、こ、来ないでーー!!




続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2006/08/24(木) 12:01:19|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

萌えジャパニー図

そこの君!待っていたぞ!




私は萌え番長。略して”萌え番”だ。君に伝えたいことがあって
三日三晩寝ずにさもしいエロゲーばかりをやっていた。






おかげさまですっかり二次元中毒だ。




特に”お兄ちゃん”と言われただけで
なんだか高揚感と妄想感に溢れてくる。





まあそんなことはどうでも良い。







そこの君。私が今ここに”萌”という字を書いて
君に伝えたいことがある。まあ聞いていきなさい。










++
日月










ちょっとポリゴン風な”萌”だが、こっちのほうが
分かりやすいだろう。草かんむりに日、月だ。







これをちょっと組み合わせを違えてみよう。







すると・・・









”朝”




という字になる。萌→朝。朝→萌。つまり萌=朝。




つまり。




朝は自然にやってくるだろう。
萌も自然にやってくるだろう。
自然に逆らうことは自然ではない。







この日の本はもはや萌なくして朝はやってこないのだ。








萌こそこの日の本を救うのだよ。








分かったかね。



萌のない朝はやってこない。
萌のない朝はやってこない。
萌のない朝はやってこない。
萌のない朝はやってこない。
萌のない朝はやってこない。
萌のない朝はやってこない。
萌のない朝はやってこない。
萌のない朝はやっ・・・









ムニャムニャ・・・









・・・











チュンチュンチュン♪




テーマ:ネタ - ジャンル:お笑い

  1. 2006/08/22(火) 02:05:22|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

挫折という名のちゃぶ台返し

慣れません。本当っに慣れません。

悲しいことに慣れません。苦しいことにも慣れません。

けっこう俺、人間やってきてるはずなんだけど




おっかっしいなー





悲しいこととか苦しいこととか
体験してきたはずなんだけどなー





あーちょっとちょっと脳みそ君脳みそ君
悪いんだけどさ。俺の過去の挫折データを・・・



・・・ああ。そう。うん。や、物心ついてからでいいや。
ハナタレ小僧時代は別にいらない。






・・・ほーへーはー飛んでブーリン~★






なかなか挫折してるよチミ。このデータ見るとさ。




挫折スキル結構高いよ。たぶん。
なんでやろなーおっちゃんなんでやろなー
なんで”ハンカチ王子様”呼ばわりやねん。
あのハンカチ自体をマスコミ探すのやめなはれ。
安物やったら可哀想やろ。プライベートプライベート。





そういえば先日バイト先の安村さん(♀)が



「今度、プライベートオナニールームを作ろうと思う」
と言っていた。それ普通の1人暮らしの部屋とどう違うねん。
・・・安村さんに対する僕の株と下部はうなぎ昇りだ。
安村さんの株を買うなら今のうちだぞ、皆。






こんだけ挫折してるんやから・・・







挫折も楽しめるようにならんのかね









それで。脳みそ君脳みそ君。










俺様はいつ・・・











挫折で茶を沸かせるようになるのかね。




テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/08/22(火) 01:44:51|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プライドはおしゃまさん

プライドというものがこの世に存在する。
国内産のプライドは捨てるものなんだそうだ。



捨てる・・・?



ポイ捨てはこの日本でなくとも禁止だろう。
だから、プライドはポイ捨て禁止。だめですよ。



何気なく

プライドとは燃えるゴミなんだろうか。
それとも、燃えないゴミなんだろうか。


はたまた、リサイクル加工できるのか。




リサイクル加工できるならプライドはけっこう
売れそうじゃあないか。




国内産のプライドは上記の通り。
ここからは外国産(欧米)のプライドだ。




外国産のプライドは捨てるものではなく
飲み込むものなんだそうだ。



飲み込む・・・?




国内産のプライドは捨てるもの=ゴミなのに。
ゴミを飲み込んでも平気なのだろうか。



プライドが熱いものだったら冷ましてから
飲み込まないと舌が火傷してしまう。


ふーふーしてから飲み込みましょう。


冷たいものだったらこの夏にぴったり!


外国産のプライド成分はどうなっているのだろう。




コエンザイムQ10なんて入ってなさそうだ。
ビタミンCなんかも入ってないだろう。
せめて、少量の繊維質が入ってるといいですね。





外国産プライドを飲み込んだ場合
きちんとトイレで便とともに出る可能性も
少なそうだ。こりゃ困ったぞ。



そうなると、体内に溜まってしまうばかりじゃないのか?!






大変だ底辺だ。















やっぱりプライドって処理が難しいヤツだ。




テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

  1. 2006/08/13(日) 16:21:02|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

生きとし生けるオスどもへ

バッシン!バッシン!









お星さまに願いを → ×









お腰さまに願いを → ○












orz








02.jpg




テーマ:ネタ - ジャンル:お笑い

  1. 2006/08/11(金) 17:57:37|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地球が回ってるなら、酒で頭が回ってもいいんじゃない?

酒は天下の回りもの。回ってるのはこの地球。
地球だけ回るのはずるい。自分も酒飲んで
回るもんねーアヒャヒャヒャヒャ!!!






・・・えー。






居酒屋という居酒屋は一体どれくらい
あるのだろうかとついつい居酒屋へ
入る前に無数の居酒屋の看板を見ると
いつもめまいを起こしてしまいそうになる。


星の数ほど看板が存在して
星の数ほどの居酒屋が存在していて
星の数ほどの人間がその星の数ほど
存在する居酒屋へと吸い込まれていく。




そうして、飲み、食べ、話す。





どれだけの水分をみんな吸収しているんだろうか。




きっと全ての総酒量を合わせれば日本の近海の
海の水の量と等しくなるのではなかろうか。






改めてそう考えると酒飲み達の偉大さが分かる。








僕ら人間は海から生まれたらしい。
母なる海へ。母なる海という名の水分。
居酒屋へいくことで僕ら人間は









母なる海へ帰ろうとしているのか。










日々の生活。上司に、得意先に媚びへつらい。
友達同士。人間関係のトラブル。些細なトラブル。
嫌な。苦手な人とのコミュニケーション。




なんで俺は。私は。自分が悪いの・・・?と、自己嫌悪。









そこで気の許せる友達と







傷の舐め合い。慰め合い。








日常のストレスを酒で流す。




俺は。私は。こんなことがあって。あんなことがあって。
だからさーだからねー。もうねーもうねー








本当っっっひどいんだよっっっ














頑張ってんのっっっ!!!!!!!!











分かる?分かる?ねえ、ちゃんと俺の。私の話。










聞いてるのかよおいこらすっとこどっこい!









聞いてるよ!!!!お前ばっか話してんじゃねーよ!







今度はこっちの番だろっっっっ!!!!










人は話をしたい。話を聞いてもらいたい生物。
ストレスを抱えながら生きる生物。逆に言えば







ストレスがないと生きていけない生物。












酒。酒。酒。酒。酒を飲め。
酒を浴びろ。酒シャワーだ!
この地球は海でできてんじゃねー








酒でできてるんだっちゅーの。











嗚呼。今日も明日も居酒屋へ吸い込まれていく
星の数ほどの人間たちが見えます。








いってらっしゃいいってらっしゃい・・・




テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/08/11(金) 17:22:20|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マジカルがるるーとくん★

だめ。本格的にだめ。本格的にチラリズム。
暑い。暑いよ。メルトダウンっちゃうよこのままじゃ。




そんなわけで、センター問い合わせをしてみる。




・・・




”メールはありえません”




?!




・・・もうだめだ。俺は。




メールはありません→メールはありえません に、見えた。





道を歩いてみる。




”本当屋”という看板。





?!





本屋→本当屋 に、見えた。






あーもうだめだ。俺はもうだめだ。
俺はこのまま神経がおかしくなって死んでしまうのだ。
この暑さに幻覚に惑わされて。果ては幻覚が普遍的になる。






きっと今ならちょっとぽっちゃりした人なら
大相撲でいう横綱と見間違える自信がある。







・・・うっわー






やっぱり俺だめだ。
だって向こうからくる女の人の乳首見えてる
ように見えるもん。幻覚もここまでくると
どうでもいいわよね。いっそ幻覚死しよう。









・・・








違う。








あれ本当に乳首出てるがな!!!!!!








良かった。僕はまだ正常な人間のオスでした。ワンワン!







マジカルがるるーとくん






がるるーとくんは暑さに立ち向かっていっちゃうぞー

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2006/08/06(日) 20:41:51|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シェイクスピアはオナニー好きだった。

セミが鳴き始めた。



やっとこさ、セミが鳴き始めた。



だから、おっつけやっとこ
夏が産声をあげているのが分かる。




夏はセミ。かき氷。水着。薄着のねーちゃん。
チラリズム。とりあえずチラリズム。本格的にチラリズム。





とりあえず暑いよね。とろけちゃうよね。だって夏だもの。





クーラーがないと生きていけない人間にはなりたくない。
クーラーが友達よりも大事であるはずがないからだ。
クーラーが両親よりも大事であるはずがないからだ。
クーラーが恋人よりも大事であるはずがないからだ。
クーラーがお金よりも大事であるはずがないからだ。





でもね。やっぱり春夏秋冬。オナニーはするからだ。







からだは正直なんだ。ええ、きっぱりと。
きっぱりとしてます。からだってね。






・・・ふむ。それにつけても暑いな。








このままだととろけちまうぜ。








とろけてそのまま蒸発して低気圧にでもなっちまうんだ。









それは嫌だ。










クーラーをつけるかつけないか、それが問題だ。









だが、ここで大事なのは








シェイクスピアがオナニーをしていたかどうかだ。




テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/08/06(日) 20:15:44|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

脳みそもとろけちゃう調理実習

いいですか。皆さん。



料理も恋愛も同じです。
出来立てをすぐほおばるよりも
いったん火からおろして冷まし



再び温め直したくらいが
味がよくしみこんで





人生の酸いも甘いも嗅ぎ分けられる!
(ようになるかもしれない)








生徒A「先生ー!先生は何回くらい温め直したんですかー?」







先生「それは質問ですか?それとも挑発ですか?」






生徒B「先生は煮え切らないうちに
    つまんじゃったこととかもあるんですかぁー?」







先生「表面的には分からないでしょうが、先生、
   はらわた煮えくりかえる思いをしてるんですが






生徒C「先生は火傷をしたことはあるのですかー?」







先生「・・・先生の火傷物語がこんな昼下がりの3、4コマの
   授業だけで語りきれると思うなよ、中坊ども」







生徒D「家庭科の授業よりも先生の火傷物語
       のほうが聞きたいでーす!」



生徒ほぼ全員「聞きたいでーす!!!」













ドガッッッッ!!!
↑フライパンをテーブルに叩きつけた音(たぶん)











・・・さあ、ここは家庭科室ですね。


授業の内容を変更します。


「今日はとろけるオムレツと海鮮サラダを作ろう!」


でしたが、変更します。





家庭内ドメスティック授業として




中坊どもの脳みそぶちまけてやるぜ!





にテーマを変更したいと思います。ニッコリ。














・・・さあ、どいつから脳みそぶちまけたいのかなー?ニッコリ。










かかってきやがれ!!!


テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/08/05(土) 13:52:28|
  2. バカイズム的に遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3本目の足は口ほどにモノを言う

目が2つあるのは2倍あなたの顔が見たいから。



耳が2つあるのは2倍あなたの声が聞きたいから。



手が2つあるのは2倍あなたに触れたいから。









・・・いやはや、なんとも甘い2倍話ではありませんか。











ねーヴァッカのおにーちゃん







おう、なんだね少年。








2倍2倍っていうけど、男の
3本目の足は一本だよね?




でも、そのあんよの大きさがおおよそ2倍以上になるのが普通なわけで






それはなんでなの?








そ、それはな。







天までとどけ伸びろ如意棒ーーーー!!!的に











重力に逆らおうとしている男子諸君の心意気ってところかな。






ほ、ほらニュートンだってきっと重力に逆らおうと
必死にアッチのほうでは3本目のあんよを
天に向けていたはずさ。きっときっとそうさ。






ひょっとしたらニュートンはそこらへんから
万有引力の法則を導き出したのかもしれないぞー





ふーん、いつもヴァッカおにいちゃんのお話は勉強になるなー





あっはっはっはっは・・・





テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ

  1. 2006/08/04(金) 17:32:36|
  2. バカイズム的に考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

逆読み日記~ときめきはメキメキメキ~

ここさいきんのにっきを、
つけてみました。



ねむい目をこすりつつもつけてみました。



あまりいただけないにっきだと、思います。




友達の子に「鳩サブレ」が好きだという子
がいたので、「鳩しゃぶれ」というのが
せーしきめいしょーなんだよ、とただしい
いいかたをおしえてあげました。




そしたら、友達にたたかれました。
ちょっぴりいたかったです。





それでは「続きを読む」をクリッククリック栗鳥巣★


続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/07/31(月) 01:47:29|
  2. バカイズム的日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。